FC2ブログ

標本にダニ発生

今を去ること1週間ほど前に、乾燥中の標本にダニがついてしまいました。

厄介なコナダニではなく、ブラシであっさり落ちてくれるやつですが
乾燥中の標本となると水を流しながらブラシで落とすわけにはいきません。


水洗できないとなると、毒でダニを処理することにしました。
あっさり書いてますが、ダニを何とかしないと標本をオシャカにするので
結構、やっきになってやってます。


まず、ゴミ袋に展足して乾燥中の標本を崩さないように入れて
一緒にナフタリンを適当に投入して口を締めました。
簡易毒ガス室でダニを壊滅させようという試みです。

しかし、効果は薄かったようで
3日経過した時点で開封したらダニが生きてる。
ナフタリンを置いた付近はダニの死骸がいるけど、
完全に死滅にまでは至れませんでした。


そこで、今度は酢エチを脱脂綿に染み込ませビンにいれたのを
ゴミ袋に入れて、さらにナフタリンの量を増やして袋の口を締めました。
↓こんな感じです。
DSCN9440.JPG


そして、本日開封。
人間も死滅するんじゃないかと言うほどの激臭でしたが、
どうやらダニは死滅している様子。
とりあえずは駆除には成功した模様です。


ただし、このまま再び乾燥させてもダニが寄ってきてしまう恐れがあるのが
ネックなので、解決案が浮かぶまでは毒ガス袋に入れたままにしておきます。


しかし、乾燥中にダニが寄ってくるなんて予想だにしていなかった。
展足さえすれば、あとは乾燥して標本箱にいれるだけと思っていたのでまさかの展開。


我が家では、コバエは発生ていいないものの
度々ダニには悩まされている……
成虫飼育に関しては広葉樹の埋め込みマットからダニ対策マットへ
移行してからはかなりマシになったものの、今度は標本に魔手を伸ばすとは……


スポンサーサイト



大当たりの裏で得ることができたクワガタたち

15日のイベントで久留米産81mmペアの裏で入手(ハズレ景品?)した生体たち。

DSCN9449.JPG
DSCN9445.JPG

オオクワ♂50mmアップペア2つとミヤマ3♂2♀。

オオクワは山梨産で大歯の♂で55mm程。
左側の♀がやけにデカいなぁと計ってみると46mm程あり
釣り合ってねぇ~とか思ってしまいました。

4頭すべて2009年羽化なので、ブリードできますが
とりあえずはブリード予定なしでペットとして飼育になりそうです。


ミヤマは、標本にする可能性大。
あまり、大きくないけど採集はほとんどしない自分には
ミヤマは珍しい存在なので、死んでゴミ箱行きにするには惜しい存在。
符節がとんでるのばっかだけど、しばらく観察してからしめようかな。

ちなみに、♂と♀を一緒の容器に入れると
即盛り、即交尾します。
オオクワも見習ってほしいです。
ミヤマはブリードがオオクワ並みに浸透していて簡単だったら良いのにね。


あと画像にはいませんが、この他にギラファ初齢2頭ゲットしてます。
ケイスケとラベルに印刷されてますが、フローレスと書いてくれないとわからんです。
ケイスケとダイスケ、どっちがツヤありでどっちがツヤ無しですら忘れがち。
おもけにその他の亜種についてはサッパリ。

ギラファにあまり興味がなかったので知識はないですが
とりあえずは菌糸ビンに入れて飼育してみようかと思います。

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR