FC2ブログ

ミンパリ 1本目投入

昨日、ミンダナオパリーの7月末に卵で割り出した中で孵化したぶんを初回投入しました。
これで割り出し時初齢ですぐに初回へ投入したぶん合わせて25頭を
菌糸ビンへの投入が完了しました。

まだ2個、孵化していない卵がありましたが1個は今朝孵化を確認しました。
もう1個は褐色みが強い卵でたぶんダメでしょう。

ここまではまずまずなミンパリ飼育。
問題はここからです(正確にはもうちょい先)
2本目以降の猛烈な暴れがどうにかなれば……

かなり細みなので20gあれば確実に70mmいきそうな気がしますが
サクサクな1本目だったのに対しガツンと暴れて減量してくれる可能性も
同じパリーの東ジャワ産であったので、ミンパリでも無きにしも非ずな感じが……

スポンサーサイト



久留米2番 オアシス組2本目交換

久留米2011年2番のオアシス組の初回から2本目への交換も実施しました。
こちらも初回から3ヶ月での交換です(2本のみ投入から80日経過)

2番のオアシス組は初回投入時18頭でしたが
♂8頭、♀8頭、死亡2頭でした。
最大体重こそ♂で21.0gがいましたが、全体的にはまだまだ成長途中。
でもまあ、久留米1番よりは成長が早い気がします。
♀は上が12.6gの下が5.2g。
下の5.2gが突き抜けて小さいですが、時間の問題で追いつくのでは?と思ってます。
もし追いつけなければダメな子ということで。


さて、今回はオアシス組の個体群を主に交換しましたが
オアシスLビンを24本用意して、21本までは消化。
3本余ってしまいました。

そこで、久留米2番の中でRTN製ブロックA手詰め2300ccへ100日前に投入した
5頭の個体の中の♂を選抜して残りのオアシスLに投入することにしましたが
それでも2♂3♀で1本余り(♀はLEVIN-G1400既製品へ交換)

高価なオアシスが余るのは勿体ないと思っていると
60日前にLEVIN-GSP2300cc(手詰め)へ投入した2番の個体が
ボトル側面から♂のサイズの頭部を覗かせていた。
それをみて、少し早いものの余ったオアシスLへ交換。


最終的にオアシスLビン24本の構成は
久留米1番……2♂3♀
久留米2番……11♂8♀(うち3♂が1本目→2本目で菌糸銘柄切り替え)
となりました。


9月に入ると今度はHS組の交換があります。
HSはどんな成長を見せるか楽しみですね。

久留米1番 オアシス組2本目

久留米2011年1番のオアシスに投入した個体の
初回から2本目への菌糸交換をしました。

1番は6頭の初回オアシスML投入でしたが
生存及び体重&性別はというと
♂……16.0g、11.4g
♀……10.8g、10.8g、10.4g
1頭死亡★
といった具合。
生存5頭はオアシスLビンへ投入しました。

初回から3ヶ月経過の交換でしたが
低温気味に温度を振ったからか成長が遅いです。
オアシスは初回は爆発的な成長があまり無いと聞きますがそれも一因かな。

伸びるだろうというかこれから伸びていく予定なので
そこまで動揺はしていませんが、流石に伸びなかったらマズイです。
まあ、成長期の感じでしたし次回の交換で大化けしてくれるでしょう。





カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR