FC2ブログ

ビックリな話題

補強について書く予定でしたが
個人的には大ニュースが2件、飛び込んできたのでそれについて書きます。


まず、HS菌糸ボトル。
販売形式が予約制の方向に進めば良好と思っていましたが
予約制の限界ということで在庫制に。
現状の供給が需要を上回っている点を考えると争奪戦が予想されます。
当方は菌糸は極力、同メーカーで初回~最終まで持っていきたい考えなので
在庫制になることで予定数確保が難しくなるHS菌糸の大量導入は消極的に
ならざるえません。
正直、現状の30本ですら確保が難しいのでは?という予想です。
来年はオアシスの比率を増やそうかと模索中でしたが拍車がかかりそうです。


次のニュースは、あのビッダーズの生体売買終了。
終了の詳しい理由は不明ですが、個人的には「あの」ビッダーズがです。
全盛期の時は手を出さず見ているだけでしたが、末期といえる現状では
久留米産オオクワガタの購入の場として活用しています。
見ているだけでしたが当時の全盛期を知る人間としては感慨深いものがあります。
思えばクワ若葉のオークションや古株サイトの没落を目にしてきても
栄枯盛衰的なものだと考えていましたが、いよいよ最後の牙城も崩れるのだなあという感じ。
今年なんかは、往来の出品数も減っていて愛好家のクワガタ熱の低下も
著しいのだと実感せざるを得ませんでしたが、今後はより一層コアというか
アンダーグランドな趣味に戻りそうな勢いです。
自分を含めこれからの若い世代のブリーダーには冬の訪れを感じずには居られません。

生体売買終了迄の期間はあと1年。
仮にきっちり1年間でも来年の新成虫販売はギリギリでしょう。
オークションの魅力は買い手は相場より安く入手&売り手は気軽な出品であり
逆に問題点はマナー違反や詐欺、放虫ほう助、ショップより低い信頼性がありますが
生体売買終了後に良くも悪くも古き良き時代と嘆くような気がしてなりません。


カブ・クワ飼育業界の賑やかさが2000年代後半に差し掛かるにつれ
どんどん衰退しているのが目に見て取れる現状の中でも
国産オオクワギネス狙いや夢のウエストウッディー、エラフスホソアカの攻略など
明るい話題はまだ何とか残っているだろうとは思っています。
今は自分は国産オオクワ大型狙いの飼育をメインですが
ゆくゆくは最高峰のウエストウッディーを攻略したいという夢もあります。


今回は、個人的にも多分多くの愛好家にとってもあまり良い事態ではないと
思っていますが、その中で個人的な思いに筆(キーボードを叩いて)を走らせてみました。
そんな訳で次回こそ、来期補強の話題。

スポンサーサイト



世間の状況と我が家の状況

ネットでオオクワ大型狙いの各サイトを巡回してると
1本でしかも800mlボトルで30gオーバーが各所で見受けられます。

「流石、能勢YG」という感じですが
その中でも、ズバ抜けた大型要素(早期成長?)を持つ遺伝の組み合わせで
で大きくなっているような気がしてなりません。
もちろん、飼育技術や環境もあるのでしょうが
菌糸は既製品(オアシスやHS)であれば同じ土俵のはずですし
温度に関しては自分は低温に振っていますが
多くの人(大型狙いならほぼ全員)が夏場は温度管理しています。

自分のとこでは最大は今のところ24.6gを始め
22g越えから少ない感じになっています。
1本で30g越えを見ると笑うしかないですが
言い訳としては低温に振っているから成長がやや遅い
とか久留米は能勢YGとは違うとか挙げたいところです。

しかし、過去の飼育を振り返ってみると
我が家では1本で20g越えは実はあまり無かったこと。
無論、例年と比べて全てにおいての気合の入り方が一味も二味も違う訳ですが
例年は何故か2本目での急成長が当たり前の我が家では
驚愕のYG勢を見ても少しは冷静でいられます。
まあ、今シーズンから大型狙いに転向で久留米駆け出し&あくまで
80mmオーバー狙いの訳ですから、今のところのブリード過程は可もなく不可もなし。


さて、久留米2番についてはほとんど2本目へ交換が済みとなりましたが
久留米1番は、森の扉&大容量手詰めボトルの組み合わせで多くの個体を飼育してる為
交換は未了が多く成長具合は未知なところ。
飼育部屋以上の低温なので成長はより遅いと思われますが
投入後もうすぐ5ヶ月というところでまだ劣化や側面から見える食痕はほとんど無し。
予定では5ヶ月程で交換ですが、もう少し引っ張って逐次交換になりそうです。

ちなみに1番は非常に少ないデータですが今のところ
2番のほうが1番より良い成績です。
まあ、1番の多くは上記のようにまだ未交換ですが
一部の飼育部屋管理組については交換をしてます。
なんというか2番のほうが頭幅もあるような気もします。
親は1番が♂81.5mm×♀48.0mmで2番は78.0mm×51.0mmで
1番のほうに期待をしており、エリート部隊として1番を森の扉組に任命しています。
森の扉組の威力は未知数ですが、1番にはエース(エースの働きはまだこれからですが)
として頑張ってもらいたいところ。
そんなわけで10月は1番の動向が目玉の月となりそうです。


そういえば、また来期種親補強してしまいました、
詳細はまた次回で。

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR