FC2ブログ

2012年ブリード計画(2011年ブリードより反省編)

2012年ブリードにおける計画、その2は今年2011年ブリードの反省点です。

現段階でも今年を振り返ると初の計画的な3桁ブリードとなり
発見できたことや改めて実感させられたこと、反省点が数多くあります。
まだ「羽化」という締めの結果は出てませんが
途中経過ながらも来年に活かしていかなければならない点を列記します。

・2011年ブリードは全体的に低温傾向で1本目の幼虫飼育をしたが
 とりわけ低温の森の扉組の中には、予想以上に成長が遅い個体がいた。
 それらの個体を除けば、他は概ね予想通りの成長。
・飼育頭数確保の為、結果的にはダラダラ長期的に産卵させたため
 1本目投入時期がピンキリ。交換時期もピンキリ。
 菌糸手配・準備・投入・交換で一気に忙しくはならないが
 適切な温度管理面では1本目へ初期に投入した個体と後期に投入した個体とで
 かなりのズレが生じ、均一な飼育サイクルとは言えない。
・秋以降に菌糸自体の子実体の発生がある銘柄で多発。
 既製品・手詰め品に関係なく発生。
 劣化にもつながるが、通気口を塞ぐほど見逃すと酸欠に至り
 幼虫がボトル上部に上がってしまうケースが見られた。
・菌糸の手配については、秋以降は各銘柄が品薄傾向もあったが現状
 特に問題なし。
・飼育キャパは、現状では毎年200頭をブリードするのに
 耐えられるものと想定しているが今後の動向次第。
 2300cc規格のクリアボトルの使用数を減らせば
 その分、飼育頭数は増やせると想定。


大まかに並べると上記のような感じ。

低温飼育は「奇策」に近く、実績の観念から見ると
やはり1本目温度はやや高めに振った方が良好と思われます。
来年は1本目温度は今年より上げることはほぼ確定。
また来年は森の扉を「より低温飼育」のものではなく
「より温度誤差を少なく」する為のものとして使用を検討。

産卵期間による1本目投入以降の幼虫飼育サイクルのズレは来年は
10♀を一斉産卵させる為、各ラインのアタリハズレはあれど
順調にいけば、まとまった数をほぼ同時に確保出来るものと想定します。

子実体の発生については、重要問題のひとつで
来年も使用をする銘柄の為、対応が必要。
温度管理してるとは言え、温度変化の激しい秋以降の
子実体の発生を防ぐのは至難。
新しい菌糸程発生しないと思いきや、既製品で配達後の数日間に渡って
発生したケースもある。
対策は現状、難しい。

菌糸の手配は、来年のブリード予定数を考えると
より計画的な手配が必要と思われる。
主要は既製品2銘柄だが、手詰めの経験維持の為
2本目以降はEXCEED CRAFT製LEVIN-Gのブロックを購入予定。
また、その1本目として同社製既製品LEVIN-SP(在庫によってはGSP)を検討。
今年の夏以降の銚子オオクワ倶楽部さんのHS菌糸の供給不安、
秋以降のEXCEED CRAFTさんの在庫品薄は安定したブリードにおける
不安な懸念材料として挙げられる。

飼育キャパは繁忙期の5~9月を乗り切ればなんとかなりそう。
現状では他の種のブリード頭数制限も検討。


来年の越冬明け以降ライン数増加の為、今年以上に忙しくなることは必須。
1♂に対して2♀かけるのもあるし、計画遂行はすんなりいかないだろうと思われます。
ザッと書くだけで、3月頭に起こして、4月頭よりペアリング開始、
4月中旬に産卵セットへ投入、5月中旬に卵で割り出して5月下旬以降孵化、
6月頭から1本目投入というのが理想のサイクルになります。
ペアリングから1本目投入までの約3ヵ月間はピリピリとした感じになりそう。

詳しい来年の飼育サイクル計画は次回。

スポンサーサイト



2012年ブリード計画(種親編)

そろそろ、補強もひと段落して来年の計画に移りつつあります。
そして本日、越冬準備と♂♀の交配の計画をしました。

まず、現在までに補強した来年の種親は入手順に
♀52.1mm WAIZU KURUME 10-A、5月下旬
♂81.0mm マツノインセクト10-11、7月中旬
♀52.0mm マツノインセクト10-19、(同上)
♂81.0mm マツノインセクト10-9 、8月中旬
♀52.0mm マツノインセクト10-4 、(同上)
♂80mm 銚子オオクワ倶楽部10-15、8月下旬
♀51mm 銚子オオクワ倶楽部10-12、(同上)
♂80mm メルリンカート10-8、8月下旬
♀50mm メルリンカート10-2、(同上)
♀52mm メルリンカート10-6、(同上)
♂80mm フォレスターP.8251、10月上旬
♀50.5mm フォレスターP.8150、(同上)
♀49.5mm フォレスターP.8152、(同上)
♂83mm メルリンカート10-2、10月上旬
♀53mm メルリンカート10-3、(同上)
♂82mm フォレスターP.8152、11月上旬
♀48.5mm フォレスターP.8251、(同上)

※性別・サイズ・入手先血統(敬称略)・入手時期

以上7♂10♀。
いずれも2010年羽化の新成虫で来年の春から種親として使えます。
本日、マットを入れ替えて3月まで常温にて越冬態勢となります。

ちなみに現在構想中のかけ合わせは

番号
12-1 ♂83mm メルリンカート10-2 × ♀53mm メルリンカート10-3
12-2 ♂83mm メルリンカート10-2 × ♀52mm メルリンカート10-6
12-3 ♂81.0mm マツノインセクト10-9 × ♀52.0mm マツノインセクト10-19
12-4 ♂81.0mm マツノインセクト10-9 × ♀49.5mm フォレスターP.8152
12-5 ♂82mm フォレスターP.8152 × ♀50mm メルリンカート10-2
12-6 ♂82mm フォレスターP.8152 × ♀52.1mm WAIZU KURUME 10-A
12-7 ♂81.0mm マツノインセクト10-11 × ♀52.0mm マツノインセクト10-4
12-8 ♂80mm メルリンカート10-8 × ♀50.5mm フォレスターP.8150
12-9 ♂80mm フォレスターP.8251 × ♀51mm 銚子オオクワ倶楽部10-12
12-10 ♂80mm 銚子オオクワ倶楽部10-15 × ♀48.5mm フォレスターP.8251

の10ライン。
ほとんど番号順に優先順位となっています(上からエース格)

一応、懸念事項としてはなるべくアウトラインで
幼虫時に与えられていた菌糸銘柄を考慮しているつもりです(無理がありますが)
あと各個体の外形態とラベルを見たうえでのカン。
突然死など、事故さえなければこの組み合わせで行きます。

なるべく均等には振り分ける予定ですが
優先順位順に資材・財力・マンパワーが降り注がれることになります。

まだ、自前の種親がいなく、すべて購入個体となりますが
改めてようここまで集めたものだと自分でも驚きです。
諭吉が何人飛んでったかはちょっと考えたくないですが
今年の反省も踏まえたうえで、これでようやく来年は一端の大型狙いの
オオクワブリーダーとしてシーズンを臨めそうです。


次回は飼育資材や飼育サイクルについても計画していこうと思います。

2011年1番種親♂を標本化

久留米2011年1番の種親♂を標本にしました。

寿命まで生かして、死んでから標本にする場合
気をつけても納得いかない標本になるケースがあるので
サクッと酢エチで〆て、展足。

ちょっと不安だったのは、生前時
左前脚腿節がマヒしていた為、死後に変な癖があったら
嫌だなあと思いましたが、〆てみたら
マヒも軟化していました。

展足自体は連日、ルリ系に鍛えられた為、楽勝。
傍から見ればルリもオオクワも似たり寄ったりの展足作業ですが
やってる側からすれば天と地の差。
針の打つ場所のスペースの広さが全然違う。
ルリは00号無頭針を精密ピンセットでチマチマ。
オオクワは4~6号有頭針を指でサクサク。
このくらいの違いがあります。


↓展足をした図です。

DSCN9842



81.5mmもあるとデカイ。
来年、再来年は自己ブリードのオオクワで80mmオーバーを展足したいなあ。

テコ入れ

10月末に落札して、届いていた来年の種親の紹介です。
補強先はフォレスターさんより。
82mm(B品)×48.5mmでのかなりお買い得出品でした。

オークション自体は、出品されてるのを見て
とりあえず時間間際で入札したら落札出来ちゃったみたいな感じでした。
下がそのラベルです。

DSCN9852


DSCN9853


♂の還元率が良いですね。
27g台でこの体長は10年前なら嘘つき呼ばわり。
まあ、現在なら十分ある数字だなと感心しながらも実寸。
梱包を開封時、既に「あれ?デカクね?」と思いましたが
計測するとノギスの計測値は普通に83mmを超えてます。

DSCN9845


おかしいな。ノギスの故障か?と思い
アナログのノギスで誤差チェックして、デジタルノギスの誤差が
ほとんど無いことを確認してから再計測しても83mmをオーバー。

この間に購入したメルリンさんのとこの2番83mmと見比べても
ほぼ同等のサイズ。
体は小さいですが、大顎が長くサイズを稼いでいる印象。

DSCN9846


B品の理由は上翅のこの大きいコブですね。
今まで見たこと無い巨大なものですが、まあ大丈夫でしょう。
原因は羽化時の管理によるものらしく、種親としては全然問題なさそうです。


♀は48.5mmということですが、こんな感じ。

DSCN9849


今年、補強した中では最小の♀ですが
来年の種親として頑張ってもらいたいですね。


ちなみに、落札価格は野口さん22人でした。
♂がほぼ同サイズのメルリンさんのが福沢さん12人!
それに比べると大分、というかメチャクチャリーズナブル。

新成虫83mm台の相場はまだまだ高価な時代で、思わぬ掘り出し物が
オークションで得られたという感じですね。
まさにオークションの醍醐味ですが、ビッダーズも来年には
生体取引終了か……

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR