FC2ブログ

クルビssp. ♂羽化

あれほど大きいぞ!ギネスも視野か?と思っていた
クルビssp.の♂たち。
奴らには裏切られましたよ。

2本目→3本目で30gオーバーのオンパレードで最大34.2gまでいったのに
3本目でみんな大暴れ。
もうどうにもならず、交換した個体は軒並み26gとか28gとか。
交換しなかった個体も恐らくそのくらいまで落としてます。
34.2gまでいった個体も29.4gまで落として蛹化。

そして現在、羽化し始めていますが
75mm前後が多いという。
今のところの最大で、画像の個体が77カスカス。
固まれば76前後になりそうな感じ。

DSCN9869



運が良ければ79くらいが出るかもですが
80は能勢YG並の還元率でないといかないかな。

大顎をカッ!と開く個体が多く、思った以上に見栄えが良く
カッコいい種類です。
ギネスの可能性は消えましたが
78mmくらいなら望めそうでまだまだ楽しめそうです。

スポンサーサイト



カミジョウ ♀が羽化を迎えました

DSCN9868


カミジョウの♀が羽化ラッシュを迎え始めました。
前蛹をしている個体も多くダラダラと1月以降も羽化が続きそうです。

1本目投入が5~6月なので半年程度の羽化となりますが
やはり早いですね。
カミジョウもボトル上部で暴れてそのまま羽化コースをたどっている
個体が多いです。

サイズ自体は40中盤くらいにまとまりそうです。
アンテの感覚では小さい気もしますがカミジョウだとどうなのかなあ。

♂は幼虫期間が長いらしく、まだまだバリバリ幼虫。
30g程度まで育っていますが、ギネスを狙うには最低35gは必要かな。
飼育開始時の一時的な熱も冷めてますが
ここまでいったら出来るだけ大きく羽化させたいのが親心。



ミンパリ ♀が早くも前蛹

だいぶ久々の各種飼育記。
今回もまとめて報告。

DSCN9867


ミンパリの♀が蛹化しそうですね。
1本目投入が7月31日。
そのまま1本で大暴れし蛹室をこさえております。

こういうボトル上部での暴れをすると
我が家では羽化一直線です。
得てしてこの暴れ方をするのは外国産オオクワガタで
パリーだろうがクルビだろうがグランだろうがこんな感じで羽化してしまいます。

国産でここまで酷いのはまず見られないので
結構焦って最初は交換していましたが交換しようがしまいが
暴れ出したらあまり関係ない気がします。
こうなると大体は国産の還元率に当てはめると
とんでもないくらい悪い還元率で羽化してくる傾向にあります。
恐らく体重をだいぶ落とすのでしょうが
無事に羽化できる体重まで落としているのか何なのかは不明。

何度も経験している割に未だ不思議な現象です。


カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR