FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年久留米 初蛹化個体確認

2011年久留米2番より、最初の蛹化♂個体が出てきました。

DSCN0060


最終体重は26.4g。
DSCN0061


一番手はこっちだと思っていた25.2gの個体も近いうちに蛹化しそうです。
ちなみに、このサイズだと流石に目標である80mmへの期待は無いに近いです。
この辺(25~27g)は、我が家では低温飼育による発育不良(20g前後から以下)を除いた
通常通りの成長をした♂個体の中では小型の部類になります。
ただし、3本目にHSボトルに入れた個体たちは基本的に捨てビンを使わずに
蛹室を作らせているのでまだマシなサイズは期待しています。

何せ、LEVIN-Gに入れた個体たちは暴れて捨てビンに投入する結果になり
27~29gあった中堅クラスが軒並み23~26gまで減量してますので。
30g以上あった個体も、25~28g台まで減量してしまった個体が出てます。

一番悲劇的な個体は3本目交換時31.2gまでいった個体で
昇温後の暴れで28.4gまで減量し、捨てビンに入れるもそこでもごった返し
25.8gに減量、そしてさらにもう1本捨てビンをメチャクチャにして24.6gに減量。
結局、アンテマットを使い蛹室を作らせました。

これを見て、どうしようもない個体はアンテマット行きに決め
さらに2頭、ダメダメちゃんをアンテマットに入れてます。
アンテマットが最後の砦状態ですね(羽化優先で見たら)


あと、もう1個。
HSに入れた個体は1番手に蛹室を作製してくれました。
LEVIN-Gに入れた個体は、上記の通り捨てビンを使った個体が多いですが
捨てビンに移動せず蛹室を作ったヤツもいて
そして捨てビンで蛹室を作製した個体も出始めてきました。
気になるのはオアシスに入れた個体たち。
暴れて捨てビンに交換した個体もいますが、あまり動きが無い上
蛹室を作ってる感じもしない不気味な個体群です。
オアシスは平均して成績が良いので、何としてでも暴れずに
捨てビンを使わずに羽化させたいです。


今年は、初の冬期温度(18℃約1ヶ月半)と昇温(MIN18℃→MAX26℃)をしましたが
無事に蛹室を作るか不安でした。
とりあえず、課題は山積みですが蛹室の作製、蛹化は確認できました。
初めてのブリードで産卵セットを組んで割るまでの流れを彷彿させるように
2011年ブリードにおいて幼虫飼育は初めてのことばかり(飼育数、温度管理、菌糸調達)で
上手くいくかな、上手くいってるかなと不安と楽しみが絶えない1年でした。

上に書いてあるのを見ると、頭を抱えたくなる状況ですが
基本的にやっぱり「どうしたものか」という点に目がいってしまうので
ネガティブなことを先に書いてしまいがちです。

良い方を見れば、HSからは30.6g、LEVIN-Gからは31.2gで
暴れずに蛹室を作ってる個体がいて、目標の80mmを達成できそうな個体がいます。
そして、ちょっと不安ながらもオアシスには失速したLEVIN-Gの32.2gに
変わって期待度ナンバー1の32.0gの個体がいます。
親個体が31.0gから78.0mmなので、還元率の遺伝は期待するのはナンセンスですが
30gを超えて暴れさえなければ80mmオーバーの期待はしてしまうものです。
しかも、もしたまたま還元率が良ければ82~3とか妄想もしますね。


ちなみに♀はかなりの数が蛹室を作成しています。
蛹室を作るのは、やはりHSの成績が良い感じで捨てビンを使ってません。
オアシスに入れたのは、2本目羽化を狙ったのですが逆に古くて
昇温後とんでもなく暴れた為、全部捨てビンに移動してます。
オアシスにしてもLEVIN-Gにしても言えることですが傾向としては、
古くなって劣化の激しいビンは暴れて捨てビンの使用を余儀なくされてると思います。
12月以降に交換した個体群に対して11月以前に交換した個体は
かなりの暴れ率を誇っている感じです。
最大♀の16.2gは暴れず蛹室を作っている感じなので期待できます。
ボトル側面から見える個体でそこそこ大きいサナギもいるので
♀に関しては悲観的にならずに済みそうです。

しかし、♀に関しても1番は平均すると小さい。
♀に関して言えば、条件的には1番も2番も大差ないはずだけど。
1番は還元率に期待できるラインですが、♂は低温でミスり
♀もパッとしないという……
2013年ブリードは2011年2番+補強でいきそうな気配です。

スポンサーサイト

2012年久留米 産卵セット投入迄

前回の続き。

前回で産卵木の仕込みが終了しました。
DSCN0055.jpg
ケースにマットを敷きます。
そして、産卵木を1ケースに3本並べます。


DSCN0056_20130226075724.jpg
産卵木を3/5~3/4まで埋まるくらいマットを足します。
マットを足してはケースをトントンと地面に叩いてやります。
これで産卵セットはほぼ完成。
ブリードルームへ移動します。


DSCN0057_20130226075725.jpg
ゼリーのフィルムを剥がし、セットします。
ポジションはいつも、こんな感じ。


DSCN0058_20130226075727.jpg
横から見た産卵セット。
産卵木の埋まり具合が分かります。
ブリード始めた当初は完全に埋めたり、ちょっと頭が出るくらいまで
埋めたりしてましたが、このくらい出ていた方が産卵の様子が分かりやすいですし
マットも多少節約できるので、これで十分。

半分埋めれば十分、転がすだけでもOKという人もいますが
自分は半分だけ産めるセットでやったことありますが流石に転がすだけは無いです。
でも、問題無く産むようですし、別に産卵数に支障はないと思います。

実際問題、産卵行動に入れば勝手に材を掘り返し転がってる状態になりますし。
埋め具合は好みですね。

DSCN0059_20130226075728.jpg
最後に♀を入れて、ラベルを張ってセット終了。
以降、一定間隔置きにゼリー交換&産卵経過の確認をしていきます。


今年の目標は、各20頭程度で合計200頭を目標としています。
200より少ないぶんには「うーん」ってなりますが、多いぶんには250頭を超えると
流石に嬉しい悲鳴となりそうです。

セット内容的は1ヶ月セットすると30~40採れてもおかしくない内容。
恐らくあまり産まない♀もいると思いますが、爆産する♀を考慮すると
どんな数になるか楽しみでもあり不安なところでもあります。

2012年久留米 産卵セット続き

前回の続き。


産卵木を加水している間にマットに加水します。
DSCN0049_20130226073155.jpg
今回はセット数が多いのでマットの量も多く
ホースで加水しますが、加水し過ぎに気をつけて、ちょっと足りないかなくらいで
一回攪拌し、調度良いくらいまで加水&攪拌を繰り返します。


DSCN0050.jpg
加水した産卵木です。
加水すれば、このくらいは沈みます。


DSCN0051.jpg
加水した産卵木の余分な水は脱水します。
といってもただ地面に置くだけで……
経験がものを言いますが、水が滴るような状態は間違いなくダメです。
あと柔すぎる産卵木はスポンジみたいになっていまい、バラバラにされるのがオチです。


DSCN0052_20130226073202.jpg
加水&脱水完了後の産卵木は食痕パックをします。
少ない食痕でもそれなりの数を捌ける、シャカシャカ方式で食痕を産卵木に塗せます。

DSCN0053_20130226073204.jpg
丈夫な袋に食痕と産卵木を入れて、シャカシャカチキンのように振る。
いろいろなやり方を試しましたが、このやり方は楽チンです。
ただ、1本ずつが原則で、一気にたくさんの産卵木をシャカシャカは
産卵木に良さそうで無いのでやったことが無いです。

DSCN0054_20130226073337.jpg
シャカシャカ後の産卵木。
綺麗にパックされています。

加水時に食痕を溶かした水で加水しますが
より確実に、ということで毎回、この手間をやっています。
やはり、やらないで後悔するならやって後悔したほうがマシなので。

必要(意味)が無いから作業効率化の為に省くのは良いのですが
めんどくさい(忙しい)から省くのは、好きでやってる趣味において
妥協を許さない自分からすれば考えられないですね。


では、また次に続く。

2012年久留米 産卵セット

本日、2012年久留米1~10番までの産卵セットを組みましたので
作業の一部始終を載せていきたいと思います。
まず、使用する資材をピックアップ。



DSCN0048.jpg
マットです。
Dorcus Roomさんのクヌギ中間。
乾燥マットなので加水する必要がありますが、長期保存に向くので
買い溜めできるという利点があります。


DSCN0037_20130226071733.jpg
産卵木です。
Dorcus Roomさんの特AL・AS規格材の中でも、径・堅さを厳選して
今年の久留米にあてています。
正直、これで産まなきゃ、産卵木は悪くない!……はず。


DSCN0039.jpg
レンガです。
産卵木の加水時に重しとして使用します。
今年は10セット組むので、追加購入しました。
ホームセンターの園芸エリアとかにあるヤツで、エンチョーで購入。



さて、ここからは作業の流れ。
DSCN0044.jpg
コバエシャッター中のフタをは外し、容器内に
幼虫の食痕を入れる。


DSCN0045.jpg
産卵木を1ケースに3本入れる。
最高級材だけあって、みんなキレイだ。


DSCN0047_20130226072151.jpg
加水前にレンガを乗せて、その上から水道水で加水。
気泡が、まあ、あまり出なくなるまで沈めておきます。


長くなるので、次に続きます。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。