FC2ブログ

東ジャワパリー 1本目投入

東ジャワパリーの1本目投入をちょびちょびやってますが
恐ろしいほど低い孵化率に嘆き悲しんでいます。

割り出しの時に30採れて、「やっちゃったよ、採れ過ぎた」って思ったのに
半数以上は孵化できないか、孵化してもすぐに死んじゃうとか。

無事に孵化したやつはオオクワ系なので1本目にさえ投入できれば大丈夫なはず。
というか、普通オオクワ系は孵化率も高いし、弱齢でも全然死なないはずなんだけどね。


東ジャワパリーは、想定外の大所帯から一転、我が家においては
手頃な数の1部隊程度の規模になりそうです。



それにしても、虚弱そうな卵では無かったのですが、孵化がヘタな印象が残ります。
なんていうか卵の殻から上手く脱出できないというか……

2012年久留米 産卵セット割り出し状況1~5、7番 

2012年久留米の割り出しを、10ライン中6ライン(1~5、7)実施しました。
予定よりは早いのですが、これ以上は限界と思われるセット及び十分な割り出し数の
期待できるセットから割り出しをしています。


まだ途中経過なので、1本目投入が無事終わるまで
数はあまり意識しないようにしてますが、現時点でかなり大漁です。

ただ、どれも大漁かというとそうでもなく、
1番2番なみに期待した、マツノ9番とマツノ19番はボーズにはなりませんでしたが
空卵室が非常に多く、たった3初齢2卵しか採れませんでした。
ダミーでなければ恐らく20~30は産んでいたと思われます。

ちなみに他は予定数以上!
1番は30採れませんでしたが、他は30以上採れてます。
どうせなら一番期待の1番にたくさん産んでほしかったですがまあ、良いでしょう。



あと、今年は早く割り出した割に初齢が多いです。
産卵セット投入初期から産んでいたということでしょうが
オアシスMSの到着を早送りするハメになりました。

しかし、オアシスは150本頼みましたが1~5、7番の割り出し数だけで足りなさそう。
6番もオアシスに入れる予定でしたが、追加ではもう間に合わないので
今回割り出した分でオアシスに入れられなかった個体、6、8~10番の個体は
LEVIN-SPとHS800に初回投入となりそうです。

その頼みのLEVIN-SPとHS800も50本ずつしか購入してないので
足りなくなりそうな気がしますが……



200頭体制を理想とし、250頭までは行けるだろうと
初回ボトルを手配してますが、まさか足りなくなりそうだとは。

残り4ラインが外れなかったら300すら視野に入ってきます。
10ラインで200は最初からちょっと甘いなと思っていましたが
10ラインで300は逆な意味で想定外かな……

割り出し後の初齢・卵の一時管理用のプリンカップを
追加発注しといて良かったです。
この分だと菌糸も追加かな……

2011年久留米 蛹化ラッシュ中

2011年久留米は蛹化ラッシュを迎えておりますが
まだ羽化は♀の2個体のみ。

近日、3頭目の♀が羽化しそうですが
♂はというと、5月20日くらいまで待つことになりそう。

蛹化前の暴れが多く、蛹化不全も発生しています。
50頭以上はいた♂も、少しずつ数を減らしています。
無事に羽化までたどり着く個体はいくつになることやら……


サイズのほうは最大は81くらいになるとは思っています。
82はもしかしたらの世界で、83は奇跡の世界。
親は31.0gからの78.0mmなので、還元率を期待するのはちょっときついですね。
暴れて捨てビンに移した結果、75~77くらいとか
あと一歩大台に届かない78~79くらいの微妙な個体も多く出てきそうです。
♀は53は出てくると思います。
54はちょっとキツイ感じで、50~51が多いのではと踏んでいます。

ちなみに最初の1頭目は50切っていそうです。
2頭目は50を超えてそうですね。
♂は80、♀は52を境にうちではめっきり数が減りそうな予感がします。



ヒラタ狙いで今年初河川敷洞採集

今年初の河川敷採集へ。

トンネルをくぐるとすぐのポイントへ。
DSCN0135


6時前に到着。
先日に下見したヤナギを重点的に見て回るも
やはりまだ早いかまだ入っていない。

今回の採集で、一番個体数が多かったのはこいつか……
DSCN0139


見回り開始から1時間半くらいで
ようやく最初の1頭目を発見。
DSCN0140

木登りして樹高3mくらいの位置の洞からでした。
最初、ヒラタだと思って凄いテンションあがりましたが
引きずり出すとコクワだったという……
しかし、記念すべき2012年洞採集1頭目です。

それからさらに1時間後。
DSCN0141

またまたコクワです。
一応、大歯型です。


それにしても、こいつはキモかった。
DSCN0142

これの羽化直後になるのかな。
DSCN0144

こいつの個体数も多かったなあ。
洞にたかっていましたね。

このポイントでは一通り見てみましたが
これ以上の追加は得られませんでした。

11時過ぎに車へ戻り、新規ポイントへ出向きましたが
新規ポイントは最初に目を付けた場所はブッシュと足場が予想以上にひどく
早々にあきらめました。
しかし、その近場の中州はなかなか良さ気そう。
見に行こうと川を渡ろうとしましたが
急に川が増水し始めたので慌てて引き返すことに……

この判断は正解で、戻ってすぐに雷雲がやってきて
あっという間に大雨になってしまいました。

時計を見ると13時を過ぎたくらいで時間はまだあるも
安全を優先して今日はここで採集終了に。




さて、今回はヒラタ狙いとしてはまだ時期が早かったようです。
しかし、GW中にコクワの活動開始を確認できたのは大きいです。
今回採集したコクワは2頭とも越冬個体の可能性が高いですね。

ヒラタは早ければ来週あたりかな……
まあ、こればっかりは気温頼み。


2012年久留米 2回目の産卵状況確認6~10番まで 

続きです。

6番の産卵状況
DSCN0123

右の産卵木が産卵痕でべったりです。
削らないですが、ものすごい密度の産卵痕でビックリ。

7番の産卵状況
DSCN0125

パッと見、前回とそんなに変わらないような感じがします。
産んでくれてるとは思いますが。

8番の産卵状況
DSCN0127

このセットも前回とそんなに変わらないように見えますね。

9番の産卵状況
DSCN0129

真ん中の産卵木に手がついたような感じ。
下位番号はあまり大きく削らないような印象がありますが
材の堅さなのか、置き場所による微妙な温度差が原因なのか……

10番の産卵状況
DSCN0131

前回よりは齧り込んでる印象があります。


以上、今年セットした久留米の1~10番までの2回目の産卵セットの状況報告です。

次回(3回目)の産卵セットの状況確認は5月8日の予定。
ちょうど、予定産卵期間の3/4のところです。
場合によっては、次回で♀を取り出すようなセットもあるかもです。

2012年久留米 2回目の産卵状況確認1~5番まで 

2012年久留米の産卵セットの2回目の産卵状況の確認とゼリー交換を行いました。
前回より、8日ぶりの対面。
今回も2回に分けます。

まず、恒例のゼリーのフィルム剥き。
今回より、パワーホワイトゼリーからパワーブラウンゼリーに切り替えました。
DSCN0111

色が違うだけの感じがしますが、ブラウンのほうがやわっこい気がします。
汚く剥けるヤツもあってちょっとイライラします。

それでは産卵状況を1番から順番に……

1番の産卵状況
DSCN0113

前回と比べて、真ん中の産卵木にも手がついてます。
順当と言えば順当な齧り具合な感じですね。

2番の産卵状況
DSCN0115

左の産卵木にも穴を開けました。
こういう産卵木に対して、縦型の削り方は我が家では珍しい気がします。
産卵痕は確認できてますが、どのくらいの産卵数になるかな……

3番の産卵状況
DSCN0117

左の産卵木は猛烈な削りカスが、右の産卵木はバラバラに。
いきなりこんなだと不安ですが、産卵痕は確認できてますので大丈夫なはず。

4番の産卵状況
DSCN0119

左の産卵木に穴が空きました。
前回の確認時よりも、確実に産んでそうですね。

5番の産卵状況
DSCN0121

画像で見比べると前回とそんなに変わってないのかな。


次に続く

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR