FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の構想

来年のブリード構想が大体、出来上がりました。

最大体重に乗っけるまではようやく見えてきました。
後伸びは信じてませんので、1本目から見直しました。

30ライン程度600頭体制を予定。

ペアリング4月上旬まで(ペアリングセットはGullさんのマネ)
産卵セット、4月中旬以降。※例年と比べ半月早め
産卵セットは従来型ホダ3本掛けとクマモンさんの必殺植菌材2本掛けを用途に応じて使用。
割り出しは初齢に変更
1本目投入、6月上旬。※初齢中期以降投入
26℃以上の27℃前後で管理。
交換前に24~5℃に落とす。
2本目交換、10月前後。30g越え100頭が目標。
蓋は即締め。上部被膜の再生を優先。
3本目交換後、3週間程度で23℃以上の24℃へ。
3本目交換、年末。
蓋は即締め。上部被膜の再生を優先。
3本目交換後、被膜形成を確認後、降温開始。
3月以降昇温、26℃まで上げて最初の蛹室作成確認以降24℃。


課題は上部被膜再生。
2015年から菌糸の管理を温度管理及び交換に反映させてます。

2014年は1本目の運用を改善したものの、上部被膜再生に課題を残し
2015年は上部被膜再生に改善を試みるも、1本目の運用に見直しが必要になり
2016年はいよいよポテンシャルを最大限活かす方向性を見つける予定です。

幼虫を大きくすることを達成しないと、羽化のステージで戦えませんので。
脱久留米のイメージ、目指せ久留米のYG化。
ポテンシャルは同じ。
グッバイ還元率、です。
スポンサーサイト

ブリード近況

3本目交換まで、あと1ヶ月。
1本目はウチも1銘柄、菌死滅がありましたが2本目は無事そうです。
ただ凄い良い感じもしません。

オアシスは状態は良さそうですが例年と雰囲気が違う。
HSとKSP2はほとんど同じような状態ですが昨年と比べて目に見えた違いは無し。
2本目オアシスへリレーしたのは多分大きくなってない。
今年の2本目の管理は大きく変えた点がありますが、成果は交換するまで分からないです。

今年は1本目で大きなミスを2つ(うち1つは長年やってきて今年ようやく気付いた)してますので
2本目もその影響を受ける見込みのが確実にあります。
来年は確実に対処するので、今年はしょうがないとしか言いようがありません。

期待できるのもいますが
この時点で♂の7割が期待するか、3割しか期待できないか、は大違いです。
幼虫を大きくできなくては、先がありませんので。


さて、週末に持ってく話題の一つを考えてます。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。