スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化前哨戦2

DSCN0233[1]

15-3から83mm。
HSを3本返しで最大33.4gから。
この個体は好みです。
形状を維持させて85mmになればな~……

自己ブリ12-7の85.0mmに一目ぼれでチョイスしたマツノさんの12-39の52.0mmの組み合わせ。
太くなる要素皆無ですが、大きくもなれないかな。
画像の個体は2本目交換の際は良い感じの31.2gでしたが3本目交換時は33.4g止まりでしたし
他の兄弟個体もあまり大きくないですね。

こういう個体で大きいのを出したいので
来年、泣きのもう一回をやると思います。


さて、羽化ラッシュに突入しまして連日のように期待のサナギが羽化してます。
不全も結構出てますが、手を加えて治してやったりしてます。
今まで処置した中では、翅が脱皮しきれないまま仰向けになってしまった個体を
掘り出して皮を除去して上翅を手で会合線合わせしたのかな。
上翅の色が白いタイミングならば意外といけてしまうものです。
飴色が入り始めるとどう足掻いても無理ですね。
失敗すると、下翅が入らずに腐って不全です。
小循板から完全に外れてしまった上翅もまだ羽化開始した段階ならば強引に入れてしまう。
治るのは蛹の段階で翅の歪みがほとんどないものに限りますが
どうせ何もしなきゃ不全ですので、こねくり回してます。

本当はスカッと羽化してくれるのが一番良いのですがね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

悪い意味じゃなくて、パッと見、80㎜くらいのキレイなすっきりした個体と思えるくらいの無理のない形状!
83㎜でも、こんな形状がガンガン羽化するようになってきているんですね!

このまま85㎜が出れば、更にずっとその先も安心して望める種親となる事間違いなしですね!

数年前まで、私は太い個体が大好きでしたが、今はちと違ってきてます(^^ゞ

キレイだ!これは!

>sendoさん

83㎜クラスになるとどうしてもクセが出てしまいますね。
アゴが大きくなったり、頭が大きくなったり、お尻が大きくなったりと。

一発狙いであれば、形は無視して大丈夫だと思いますが
何代もかけて大きくしていく場合は絶対に形が重要ですね。

国産オオクワガタを飼育しているのですから
かけ離れてはいけませんし、せっかくならお手本のような個体で
ギネスを取りたいものです。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。