スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜番組と酒で雑記

唐突に、信長も秀吉も良いが
好きなのは家康であると。

最後に勝ったのが好きというのは、それもある。

織田がつき 羽柴がこねし 天下もち
座りしままに 食うは徳川
という短歌があるが、これはこれで良いと思う(笑)


家康が好きな理由には、天下への想いが誰よりも強かったと思えるから。

関東移封。
信雄に通じた仕掛けであり、どう転んでも決して+要素に働かない策。
これを受け入れた家康。
領土が100万石分増えるからそれはそれで良いという問題では無いかと。

だが、ここに家康の独自の考え方があったのではと。
家康が築いた五ヶ国の出で立ちが。
やっとの思いで統一した三河。
旧今川の遺領にして、武田との攻防の末の激戦地の遠江、駿河。
信長相手に人心を、死後に策を弄して得た武田遺領。
これらの旧領土を見捨てるのではなく、仕置による無理矢理な出張を押し付けられたという体。
移封を断ることに関しては、前例に信雄があり結末も分かっている。
家康にとっては世評を損なうことなく新領土へ行ける状況ではある。

そして、秀次事件。
この事件で旧領の現領主に恩を売ることができた。

その後の関ケ原は
朝鮮戦役で経験を積んだ相手なら難しかったであろうが
戦国で終盤まで生き残った武田、北条、さらには織田の勢力圏を持って戦う家康は優位であったであろう。

大阪の役。
これこそが一番好きな理由。
判官贔屓という言葉もあるが、一度は栄光を掴みかけた人ならいざ知らず
秀頼公にはさぞ無縁な言葉であっただろう。
家光の「生まれながらの将軍云々」も世が世なら野党&世論からバッシングであっただろうが
16~7世紀くらいはそのへんはビッグダディの力量でなんとかなるものだったのだろう。

話を戻し、大坂の陣。
最強の爺ちゃんが最強の布陣をもって、派遣ばかりのトーシロ若手を全力で潰しにかかる事案。
一見残酷ショーではあるが、ここまで持ってくるのに費やした時間を考えると恐ろしいのは家康。



結果として現在の授業では1867年まで徳川の世で、それ以降は明治という教育が施されるといった具合である。
そして、明治以降は「何故か」小学校~高等学校では駆け足気味で授業終了なのである。
オイラはよく分からん古墳とか仏教とかお隣の帝国との貿易よりも
もっと最近なことを知っといた方が良いかと思うけど……
変な話、戦後70年を謳う今、戦後60年頃に既に夏休みの宿題でなかなか戦争の話を聞けなかった自分にとって
感情論ありきとしても生の声を聞けるのは歴史価値が非常にあるものだと。
何にしてもそうである。
王と長嶋の凄さは当時のV9時代のファンにしか分からないところはあると思うし
全盛の韮崎は当時のオオクワフリークにしか分からない。

歴史は趣味や好きでやってる人に比べれば、所詮は下手の横好きに過ぎないが
考えれば考えるほどに、では自分は今何をやってるかという気分にさせられる。
甲子園で清宮・オコエフィーバーに浮かれてみるのも一興、
オオクワ仙人の虫で一雑誌の頂点を目指すのも一興。


最後に再び話を戻します。
家康は大名として良い目線があったと思う。
名君にとって難しいことは次の世代にバトンタッチすること。
自身が強くなればなるほどに、次世代に求められる要求が上がり
必然的に後継者には自身の引退後に競合相手に張り合える強さが要求される。
このことを踏まえ、260余年の長期政権の礎を築いた家康は好きになれる歴史の人物である。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

家康を見て思うのは、長生きはせにゃあかんなということ。
時間をかけないと出来ないことは多いですよ。

長生きも運ですが、それ以外の運も必要ですね。
人質で揉まれた幼少時代、信長、秀吉との駆け引きの時代、
そういう経験が出来たことも運でしょうね。ボンボンでは無理ですよ。

ちなみに私は昔の信長の野望が好きなので、やっぱり信玄かな。
家康並に生きてれば、武田幕府でしょう。

こんにちは

確かに家康は他の戦国武将と比較すればなんとも絵にならない。
そんな人物像で描かれていますね。

ただ社会人になると、正々堂々や豪快では天下が取れぬことを実感する。世界でも稀な260年もの平安な体制の礎を築いた。
決して運ではなく、理想があり、決してあきらめなかったサクセスストーリー。
そこに大きな魅力があります。^ ^

>す~やんさん

信玄のツキの無さは関東覇権に費やしてしまったこと。
そこがまた家康のツキともいえますね。

時間をかけなければ出来ないことは憧れることです。
短期的な目標はモチベーションに繋がると思いますが
中長期的な目標こそがそこれこ人生の張りになるのでしょう。

途中で投げださないようにするのは
下積みの時代があってこそだと思います。

>チョネさん

確かに謙信、正宗とかに比べると……
子供の頃は謙信が好きでしたので。

信念や決戦で何とかしようとしたい気持ちもありますが
実際はほぼほぼ待ちの時間でのらりくらりで何とかする。

サクセスストーリーも好きですが
過去の失敗に対する改善へに研究熱心さが
天下泰平の世を築いたと。

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。