スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期狙いもエンジンかけないと

そろそろ早期♀に蛹室を作ってもらわないとマズいのでアクションを起こしました。
今年は強烈な温度をかけましたが、そのせいで死んでしまったのが幾つか出ました。
そのくせ菌糸では蛹室を作らない。
マズいのでマットビンへ交換。
どちらかといえば大きい幼虫は早期が難しい気がします。

そして、早期羽化なんて考えてない山梨が勝手に1本目で羽化してきました。
幾つかの♀も蛹になっていまして、今月中にも羽化しそうな勢い。
GWくらいに投入しましたので半年羽化です。
大きく育てるなら典型的な失敗ですが、特別ずっと温度高めだったわけではありません。
むしろ少し低いくらいでしたが、ボトルの状態が良くない
♀は交換をひっさぼりましたのでいじけて蛹室を作った感じですね。
♂は来春以降に羽化させたいですが、どうなることやらです。

話を久留米に戻して、3本目交換は2ヶ月後の12月20日以降を予定してます。
出来れば今月中に♂の2本目交換を終了させて
3本目交換までに早期♀を最低でもサナギにしてないとマズいですね。
そうこうとすったもんだしてるうちに交換の時期になっているでしょう。
♀をいじり倒すので、♂は一切不安なく交換までいってもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

早期♀の出来具合で来年のブリードが
大きく変わりますから大事な作業ですね!
我家も大量に仕込んでますのでマットへ交換が迫ってます。

>クマモンさん

早期♀の仕上がりが遅いと1本目投入時期に影響が出ますので
オアシスユーザーからすると本当に死活問題です。
遅くても10月中旬に30g近い状態で交換したいですので
6月下旬までに投入するのがノルマです。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。