スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期狙い蛹室作成

DSCN1034[1]

早期狙いで1頭、シワが入ったのが出てきました。
蛹室を作り始めたのもチラホラ出ています。
マットビンにさえ入れれば早いです。

早期狙いの個体は全てマットビンへ移しました。
今月20日くらいに蛹室を作ってくれれば年内羽化は確実です。


そういえば、1本1400が余ったのでセミになってる昨年ブリードの♂を交換しました。
6番の♂ですが36.6gありました。
流石に10ヶ月も経過したビンでしたので中は散々かき回しておぞい状態になってましたが
セミになってる奴は大体大きくなってます。
暴れる前に側面から見えた時は、ちょっとデカ過ぎない?って感じでしたし。
6番は3♂しかいなくて2頭は81mm止まり。
♀が大きくなったラインで、来年のブリードでは使ってみようかと思ってます。

昨年のブリードではセミは4頭ほどは出ました。
温度ショックは18℃まで下げて26℃まで上げましたが、しょうがないです。

今年はサーモコントローラーでシビアな管理ができますので
1月下旬から下げ始めて19.5℃で冬温度、3月中旬から上げ始めて25.5℃まで昇温が目標です。

今年の2本目は酸欠無視で交換直後に蓋をして、湿度も50%切らない管理をしてます。
大きくなる予定です。
3本目交換後も同様でいきます。
上部被膜を再生させることが至上課題ですので
3本目交換は12月中旬開始で、出来る限り年内に終わらせたいですね。
2本目10月末交換もいますが致し方ありません……

来年は1本目以降の管理はさほど変えなくても良い感じがしますが
1本目投入までのサイクルは変えます。
毎年、来年のブリード法がスタンダードだと確信しますが
来年の今頃はまた課題が見つかってるのかもしれません……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

私も11/20蛹室作成の年内羽化の計画で
早期を仕込んでいます。
今週末マット交換します。

>主水さん

上手くいけば2週間ほどで蛹室作成ですので
年内羽化で大きくするのを優先する場合はここしかないというタイミングですね。

No title

早期順調そうですね!
我家は早くマットに交換しないと暴れまくってます。

今年の早期は期待出来なくなって来ました。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。