スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15年ブリード 温度と湿度

2015年ブリード管理のここまです。

3月、種親起こし
3月下旬、ペアリング
5月、産卵セット(24~5℃)
6月~7月、1本目投入(25~6℃)
7月~9月、26~7℃、除湿器で50~60%
9月~10月、24~5℃に下げて、除湿器を停めてから2本目交換
10月~1月上旬、23.5℃。年末年始に3本目交換
11月から加湿器で50%前後
1月中旬~1月下旬、19.3~5℃まで降温(1月19日現在19.9℃)

今後は2月下旬~3月頭くらいに昇温開始
彼岸過ぎくらいに25.3℃くらいまで上げて加湿器停止。ここからほとんど入室しない。
4月中旬くらいから24.3℃。
5月下旬くらいから除湿器。


ここ2年くらい、スカッと蛹室を作らないのもいますので
今年はある程度はスカッと作らせたいですね。



2015年はかなり良い手応えがあります。
今年は2015年の詰めの甘さを調整する管理を予定してます。
怖いのは幼虫とるのと、1本目で育つかですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スケジュール管理出来てますね!
予定通りやって特大をお願いしますよ!

私も幼虫確保と1本目の成長具合が毎年怖いです。

1本目のオアシスは、プラ使ってます?
瓶ですか??
これの違いってあるのか悩んでます

>クマモンさん

スケジュールと実績が見合って来れば、大体良いかな~と言う感じですね。
イメージと現実がずれていかなければ大きくなるはずです。

>大阪TですOT さん

オアシスは今までPPも使ってましたが、次からビンのみです。

マツノさん曰く、違いは強いて挙げるならあるようです。
どうでも良さ気な幼虫をPPに入れるそうです。

僕のところの感触ではビンとPPでは年々違いが出てきてます。
以前はそうでも無かったのですが
良い感じにPPを食わせるのが難しくなってきた印象です。

ありがとうございます
やっぱり瓶なんですね
なんとなく使ってみて
瓶の方が食いがいいかなーとは、
思ってたんですが^_^;

>大阪TですOT さん

あくまでも「去年までは」です。
もしかしたら今年はPPのほうが良いかもしれません。

同じように管理していても
ビンのほうが小さくて、PPのほうが大きくなっているのもいます。
ただ食いあがってきたら交換しないとって思うのはPPで
食いあがってもまだ良いやってできるのはビンです。
この点がオートマチックブリードには非常に重要な点になります。

4年くらい前のMSでしたら良いのですけど
ほんの少しの温度の差かもしれません。

確かに去年使わしてもらったppの方は、
あまりよかった印象がなかったです。
今年の1回目のオアシスは、予約しました!
虫蔵さんが、使ってる菌糸は、オアシスだけですか??

>OTさん

オアシス以外に既成ボトルでHSやKSPといった銘柄を使用してます。
菌糸としては良いのですが、PP容器を使いこなしてるかと言われると
そうでも無いですので、課題になってます。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。