スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイクルビ

DSCN8931.JPG


自身数年ぶりの外国産クワガタの飼育です。

大役に抜擢されたのがクルビデンスオオクワガタ。
細かい産地は「タイ王国チェンマイ県ドイサケット郡」とあり
Wikiで調べてみると地理的にはタイ北部に属するようだ。

今回の種親は♂68mm×♀38mmのWペア。
恐らく持ち腹があると思われるものの一応、目の前でペアリング。

DSCN8936.JPG

ここまでは、なんら国産オオクワガタと変わりません。


しかし、産卵の傾向は国産と勝手が違うらしく
2次発酵マットを用いるのが良いらしい。
さらに産卵木もカワラ材を使用したほうが確実みたい。

そんなわけで、慣れない飼育用品を用いて
産卵セットを組みました。
国産オオクワガタより1000円増しなゴージャスな環境。

img613473c7zik3zj[1].jpg

常温では寒いので、ガラス温室内にて加温してあげます。
目標は20匹。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。