FC2ブログ

冷やし虫家TFはいつ?

今夏の設備補強として急遽、冷やし虫家を購入することにしました。
ちょうど、冷やし虫家もDXからTFの切り替えの様で
無論というかDXは販売中止になっており、TFを予約しました。

予約自体は初回入荷直前の7月中旬でしたが
初回分は少量で自分のぶんまでは入荷しませんでした。
次回入荷が8月12日らしく、その入荷分で間に合うのではという感じらしいです。
安定供給は9月かららしいです。

当初は6月発売だったようですが7月中旬に伸び
初回入荷は7月下旬以降、更に初回は少量で次回分でも行き渡らず
安定供給に時間がかかるのは、まるで美少女フィギュアの発売を待つのと似てる。
フィギュアでは、そろそろ発売→発売直前にてウンヶ月延期を繰り返されたこともあるので
この点では鍛えられて精神的に粘り強くはなってますが
今回は確実に8月入荷分で欲しいところです。


さて、冷やし虫家導入経緯としては
昆虫用ワインセラー「MORINOTOBIRA」が手狭であり
虫をいっぱいまで入れると、交換用の菌糸の温度合わせが出来ない点。
飼育部屋の温度を下げる訳にもいきませんし
昆虫用ワインセラーは手に入れずらいので
今回、冷やし虫家を導入することにしました。

冷やし虫家TFに期待することは以下の点
・例え故障してもユニット部交換で手軽に対応できるのでは?という点
・そもそも故障もどんどん改善されているはず
・空間スペースを利用してラックの最上段に配置することで省スペース

今回の導入にあたって
冷やし虫家に虫を入れることは想定していません。
言うならば、低温飼育組用の次回交換用の菌糸ボトルの温度を
合わせておく為だけの設備導入。
あくまでも菌糸ボトルを一時的に置くだけの役割です。

ただそれだけの役割と思うかもしれませんが
温度合わせをしないとワインセラーで22℃管理しても
交換用のボトルは24℃(飼育部屋温度)で交換することになり
ただでさえ交換後は菌糸が活性化&幼虫も安定させなければならないというのに
余計なストレスになるのではないかという懸念があります。

交換作業は成長具合を確認できるけれど
交換後の暴れ対策もとっておきたいところ。
2週間も3週間も安定しなかったら、不安でしょうがないですし。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR