スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補強紹介2

前々回の補強紹介の続きです。

まずはコレ
DSCN00223.jpg

23番です。
85mm同腹で間違いなくマツノさんの今年のアタリラインです。
8番で86mmが出る前の7月~8月上旬までは売れ行きが凄かったみたいです。
この番号は去年の14番みたいなアベレージの高さでした。

最初、♂で1番と23番で悩みましたが
♂はどちらかというと太さに出ていて「長いな~」という感じのがいなかったので
1番にしましたが大変魅力的なラインです。


そして、続きましてもう1頭。
マツノ久留米11-3
3番です。
こちらは84mm直仔。♀親も54mmとでかいです。

♂兄弟は幼虫時の体重のノリは凄い感じでしたが、成虫サイズに還元はあまりされなったよう。
マツノさんで♀単を選ばせてもらうときは
♂を見させてもらって目を見張る番号から、♀の在庫を確認して選びますが
その際に記憶に残っているのは同腹で36gまでいって81.5mmという♂。

「還元率わるっ!」っていってしまえばそれまですが
それでも、良いサイズの幼虫が出るのは魅力的です。


ちなみに、マツノ測りは23番はそうでもなかったのでしたが
3番は凄まじいです。
52.0mmって書いてあって、53.5mmあったりしますから。
店内で見たときに「でかい気がするけど、幅とかの関係かな?」って思いましたが
普通にでかかっただけでした。


さて、補強紹介は次回にも続きます。
スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。