スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ブリードの現在までの反省点

2012年の久留米のブリードも2本目交換をするくらいまでこぎ着きました。
ここいらで春先から今現在に至る反省を書いていきます。

今年は3月に昇温してペアリングし、4月半ばに産卵セット投入。
5月中旬前より割り出しして、1本目投入は5月下旬からという工程でした。


この間、マツノインセクトさんへ行った時も1本目投入時期の話になって

マツノさん(以下、「マ」):「あなたね、いつ1本目入れた?」
私:今年は予定より早くなってしまい、5月上旬から6月上旬ですね。
マ:早いよ。いつセット組んだの?
私:4月中旬です。1ヶ月後に割って、6月上旬から中旬に1本目に入れようと思ってましたが……
私:GWに組んだほうがよかったですね。
マ:そうだね。連休に入ってからだと6月終わりくらいになるね。
マ:あまり、早いと幼虫の交換タイミングがね。
私:そうなんです。3本ではきつくなってしまいますね。
マ:4本になっちゃうでしょ。それに大きくならない。わかってるなら良いけど。

という談をしまして。
幼虫がとれても、なかなか思い通りにならないのが……
アドバイスをもとに来年は1本目投入時期を狙い撃ちしませんとね。


さて、幼虫の飼育経過につきましては
菌糸別にはオアシスの食いが一番良いです。
移動食いで♂はまるまる食いあげてきてますね。
LEVIN-SPもまあまあ食痕が目立つようになりましたが、HSはあまり目立ちませんね。

幼虫の成長ぶりは、今現在交換している虫は
3ヶ月持たしてないからか、久留米だからか、はたまたヘタだからか27.6gどまり。
上手い人は久留米でも30g出すから、一概に久留米はと言いたくはないですが。
全体で見れば25gが一つの壁で下は16g台とかもいます。

血統別でみますと、明らかに差が出てます。
期待の1番(メルリンさんから補強した♂83mm(10-2)と♀53mm(10-3)の組み合わせ)と
2番(♂親は1番と同個体と♀52mm(10-6))は最大25g程度。
この2つから20g未満が出てます。
成長がゆっくりなのか、遅れてるのかは何とも言えませんが
2本目で乗るパターンになりそうです。
1本目で良いのは4番と7番で特に7番(マツノさんから補強した♂81mm(10-11)♀52mm(10-4))が良いです。
80日チョイの交換で25gオーバーがボコボコでてます。


さて、今後の2本目交換ですが
もうじき先日購入したオアシスLが使えるので交換再開になります。
今、交換待ちの幼虫はMSボトルで3ヶ月過ごすツワモノ。
28gはクリアできていると思っています。
願わくば30gですね。
スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。