スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはオオクワとかヒラタ以外の飼育状況でも

5月26日に採ってきたルリ系幼虫が羽化したので、掘り返しました。

ホソツヤは未確認の地で立ち枯れから出したので確信してましたが
案の定、オオルリでした。
しかも、♂が多い……(材割で新成虫出すときのスコアは普通♀のほうが多いのに)

現地のブナグレー材粉砕マットでワインセラー21℃管理しただけあって
大歯がでましたが、一番うれしいのは♀の濃紺ですね。
しかし、屋外で見るルリは素晴らしいものです(ウカウカしてると飛んじゃうけど)

画像を載せたかったですが、手持ちのデジカメでルリ系は……
標本ですら満足な写真が撮れないのに生体はまさに無謀で……
何かカミキリムシとかヘタすりゃゴキブリのような何か。
クワガタ成分の触角はブレとボヤケで意味不明だし
ルリ成分の体色は何か黒ベースに怪しく青風味が混ざる程度で
とてもルリの良さは出ないし……

まあ、とりあえずは羽化してくれて良い刺激をもらえたので良いとしましょう。
秋のルリ狩りももうすぐですね。


さて、話を変えて頂き物のクロハナムグリが産まない……
理由は何となくこうじゃないかなという感じで、本日セットを組みなおしましたが
1頭死んでしまっていて4頭になってしまいました。
相変わらずオオクワ・ヒラタ以外は産ませるとこからヘタっぴです。

頂き物で上手くいかないのって嫌なんだよなあ……




スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。