スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目下の課題~子実体

先日は東京で大雪でしたね。
静岡は雪に対してバリアーでも張っているかのようで
ルリクワガタが採れるような山間部に行かないと降りもしないです。

さて、ここ数日は温度計と睨めっこです。
外気温の昼夜の温度差はありますが、ブリードルームは比較的……
いや、かなり安定してます。

温度は20日から3日毎に1℃ずつ下げていき
来月頭にも18℃に到達させることにします。

ここからは、キノコとの戦いです。
キノコは一回生えたものを摘むと、「蓋を開けたこと」と「子実体を摘んだこと」が原因で
再び生えてしまう傾向があります。
この為、「一度でも生えさせない」が基本になりますが
菌床がキノコの発生が整った完熟状態になると連中も必死……

自然下での発生時期は秋口~秋ですが
クワガタ飼育の場合は秋に加えて、温度が秋口に近い降温・昇温も危険なのは周知の通り。
2012年ブリードサイクルでは降温時はまだ完熟状態ではないから
比較的安全と予想しています。
ただし、昇温時はだいぶ菌床が熟する為、危険ですね。

2013年ブリードは菌床の特性を考慮した上のサイクルを考えています。
予想では秋口~秋がだいぶ安全になります。
ただ、セミ化させない為に温度ショックはどうしても必要。
降温・昇温時だけはどうしようもないかな……

スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。