スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年種親ハンドペアリング開始

エース級のハンドペアリングを開始しました。

今日、上手くいったのはメルリン10番84mmとマツノ23番52mmの組み合わせ。
DSCN0078_20130329235127.jpg

マツノ1番83mmとメルリン2番52mmの組み合わせ。
DSCN0079_20130329235128.jpg

マツノ1番83mmとメルリン10番53mmの組み合わせ。
DSCN0077_20130329235125.jpg


残念ながら、メルリン10番84mmとマツノ8番53mmの組み合わせは本日は上手くいかず。
♂がきちんと反応してますので、次は上手くいくはずです。


ウチのペアリングは1週間の同居もさせますが
同居前にハンドペアリングもやっておきます。
ハンドペアリングである程度の相性や成熟具合も見えてきます。
♂の大顎にインシーロックを使わないウチのやり方では、相性が悪いと即アウトなので
いくら時間がかかっても相性具合はしっかり確認します。

中にはハンドペアリングで一回交尾確認できれば大丈夫という人がいますが
ハンドペアリングで相性が良いと判断できれば同居も問題ないと思います。
オオクワ系では恐い部類のグランディスもこの方法です。
本土ヒラタもこの方法ですね。
外産ヒラタはちょっと恐いかも?
スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。