スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の補強紹介

今年大いに悩ませてくれた補強個体の紹介です。

来年はマツノ系に寄せたいので補強は全部、松野さんから。
なので、松野さんの今年の成果を大いに期待していたのですが
今年はちょっと不調だったようで……

でも、その状況でも素晴らしいのを出していただきました。

まずは♂。
DSCN0095_20130811074054d71.jpg

個体画像。
DSCN0100.jpg

いくつか出してもらった中で明らかにでっかく見えたので選びました。
家に帰って計ってみると案の定84mmくらいあったりします。
DSCN0099_2013081107405617b.jpg

あと、美肌だからか余計にひかって見えたんですね。


次は♀。
♀は5頭補強。
一気に紹介(ラベルのみで失敬)DSCN0107.jpg
DSCN0110.jpg
DSCN0109.jpg
DSCN0108.jpg
DSCN0106_2013081107432211a.jpg

2番は種♂が10-14の84mm。欲しかったけど手に入らなかった14番の仔ですね。
♂兄弟の体型が好みでした。

1、2、6あたりは鉄板として次が悩みました。
39番は兄弟は82.5mmが最大でしたが、このラインは凄いツヤツヤで綺麗だったので選びました。
自分はツヤないより、ツヤあった方が傾向としては良いと思っていますので。
このラインは化けると思っていますんで自己ブリの85.0mmにつけようかと思ってます。


これで今年のストーブリーグは一足お先に終戦。
裏年久留米の悩ましい補強事情の中で大満足な内容になったと思います。

これで、来年の種親は
自己ブリから3枠(7番85.0mm84.5mm84.0mm
昨年種親から2枠(MK11-10,84.0mmマツノ11-1,83.0mm)、
今年補強から1枠(マツノ12-1,83.5mm)の6♂体制に予備♂。
♀は自己ブリから5枠(7番53mm台3頭、3番52mm、4番52mm)
今年補強から5枠。
までを確保しました。

あとは早期羽化から5~6枠を確保します。
これが一番不安ですね。
なんせ早期は狙ってやったことなんてありませんし。

とりあえず久留米の早期はちょっと難しいらしいので対策は打ちます。
オオクワは温度かけさえすれば動きは出ると思ってますので。
まあ、9月の交換でまだまだこれから大きくなるような幼虫が出てしまったらヤバいのですがね……

ああ、不安だ。
スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。