スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍光灯をLED灯へ変更

夜勤明けの昨日は、帰宅して酒飲んでゴロゴロしてたら
いきなりTVにテロップ出て、なんでも「自衛艦おおすみ、漁船とぶつかる」とか。
まーた漁船がムチャしやがってなんて思っていたら、その後のニュースは自衛隊disる報道ばっか。
マス○ミとか言いませんが、おおすみ級の活躍を考えると今の報道はちょっと切ないですね。


本題のほうは、またブリードルームの改造をしました。
改善でなく改造の理由は、善に出るか悪に出るかはサッパリ判らないからです。

改造箇所は、蛍光灯をLED灯へ変更。
DSCN0253.jpg

LED灯の特徴として
・キノコ栽培に置いて紫外線が出ないランプは有用なケースも。主に収率アップに繋がる。
という大きなデメリットの可能性があります。

しかし、自分が目をつけてるのはやはり紫外線が出ないという点。
紫外線が出ないということは、ビン側面は傷みづらいのでは?と。


昨年はビン側面にキノコをたくさん生やしましたので、今年はちょっとは減らしたいなあと。

余談ですが、フィギュアやタペストリーは紫外線がカットされてるほうが色褪せしなくて良いそうです。
フィギュアは夏場も冷やさないとへたったり、塗装がくっついたりしますので、大切にしたい場合はクワガタと変わらん。
もっとも、作りがマズかったりすると自重で傾くヤツもいますが……




さて、2014年ブリードの為に資材の準備を進め始めてます。
菌糸と産卵木は年々、段取りが早くなってます。
菌糸は予約済みで、産卵木もドルクスルームさんの特ALを3箱調達済み。
今年はライン数を増やすので中ケースも買い足しました。

ラベルは今年は500枚ほど作らないと。
ラベル作りは、「割り出した卵をひたすらプリンカップに入れる仕事」と並んで腰痛を引き起こす作業。
しばらくの間は、楽しい楽しいビン洗いとラベル作りが主な仕事ですね。

種親を起こすのは、今年はブリ部屋の昇温を遅らす関係でブリ部屋の昇温に合わせたら間に合わないので
寝室兼成虫置き場兼物置部屋のエアコンを稼働させて起こします。



最後に2013年ブリは、3本目交換後のフタの取り付けも完了しました。
ビンの底にいるやつ、上部にいるやつ、中央にいるやつと落ち着き方はいろいろです。
底や側面にベッタリより中央にいるほうが良いと思いますがどうでしょうかね。



スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。