スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補強と交換前半戦終了慰労会?

最近は交換記事ばっかりで、せっかく補強(トレード)した個体の紹介をしてませんでした。

首都圏久留米党の主水さんからです。
DSCN0856.jpg
DSCN0857.jpg
DSCN0855.jpg
1番はMK11-10×MK11-2とのことです。
自己ブリ13-7とつけて、MK11-3さらにマツノ11-1の良いとこどりステキな組み合わせを構想中です。

2番の♀は大きいですね。
しかもキレイな♀。
このサイズの♀はツボれば恐ろしいことになると思います。
ただ2つ難しいことがあります。
1つが産ますまで。
もう1つが外す組み合わせをしたらただの空振りになる点。

MK系って上手くいってる人の見ると凄い簡単なイメージですが、僕は鬼門です。
MK系に組み合わせるラインって僕の勝手な印象ですが、MK系同士でいくのが一番堅い。
元がフォレスターさんの系統だからかフォレスターさんのも堅い。
shimaさんのが次点ですが、体重を乗せるのが難しいと思います。
銚子さんのはわかりません。
一番いけそうな気がするマツノ系はなぜか知らないけどハイリスクハイリターン。
しかもオアシスでいくならマツノ系ならマツノ系、MK系ならMK系でやった方がって印象。
いろいろ組み合わせるなら、体重乗せる菌糸か羽化サイズになるエクシードさんのか。

まあ、なんにせよ今年初でなおかつ唯一の完全なMK系久留米の補強。
やらないとわからないことはありますので来年もいろいろ試してみます。
MK系の♂がこの♂と自己ブリ12-2しかないので、まさかの12-2を2年連続使用するかも。



さて、今日は交換も前半戦終了し
ひとつまた補強話をまとめ
更に巨人の優勝前祝いを兼ねて、久々に1杯やってます。
DSCN0858.jpg
一番好きな日本酒、初亀「愛」。
初亀の大吟醸ですので高いですが、僕が一番最初に驚いたお酒で今でも何かあるたびにこの銘柄を選びます。
県内なら手に入りやすいのもありますね。
静岡のお酒のわりに芳醇でツマミがいりませんが、そうすると久々の日本酒ということもあってフラフラ。

そういえば、巨人のやり方って大型血統のブリードと一緒ですね。
僕は巨人ファンですが、プロだからあのやり方が当たり前と思うんですね。
どう見てもアレが一番えげつないプロ中のプロのやり方。
補強も育成も切磋琢磨も、あれこそが王道のやり方。
巨人を倒すには、巨人をもうひとつ作るしかないでしょう。
育成やタイトル争い、たまに強豪倒してホルホルするなら草野球で十分。
育った選手が強奪なんて、ふつう許せないでしょう。
補強選手が必ずしも当たらないのは醍醐味ですが(笑)


さて、主水さん、今回もありがとうございました。
KSP1のお誘いの件と言いいつも得させてもらってます。
添加剤を極めたら、僕はもの凄いことだと思います。
菌糸は、オガ・菌株・添加剤のすべてが上手く調律されないとカタチになったとしてもダメだと思うのですね。
生産側はそれを分かっている。
良いのが揃えば、良いのが作れるって仰いますから。
オガと菌株はどうしてもロット差が出る。
そこを添加剤でどうにかする。
このサジ加減を極めれば、絶対に武器になると思います。
正直、僕はこの部分は今は全くの手つかずですので、少しでも身に着けようと思ったら大変ですね。
ただ、最近はただ単に食わすのではなく、良い状態のビンを食わすのが重要で
それは温度管理は外さないのが当たり前で、そこにさらに添加剤による絶妙な調整が必要と感じてます。



スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。