スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の組み合わせ マツノ系

来年のブリード構想はマツノ系はおおよそ決まりました。
多分、大きな変更はもう無いと思います。

83×52 13-13(11-8×11-5)×黒王さん88.4同腹ライン(11-1×11-8)
83×53 ↑同♂×13-9(11-23×11-8)

83×53 13-19(11-16×11-8)×13-14(11-23×11-21)
83×53 ↑同♂×13-16(11-1×11-5)

83×52 13-21(11-1×11-8)×13-1(11-8×11-21)
83×54 ↑同♂×13-44(11-21×11-25)

80×51 13-12(11-44×11-9)×13-11(11-3×11-5)

83×53 12-1(09-4×10-5)×13-41(11-30×11-8)

83×53 黒王さん88.4同腹ライン×13-5(11-9×11-5)
83×53 ↑同♂×masukoさん13-2

83×52 黒王さん84.7同腹ライン(11-1×11-8)×13-38(11-3×11-4)

84×54 自己ブリ12-7×杢目さん13-1(11-8×11-23)

84×53 自己ブリ12-7×マツノ13-37(11-19×11-25)


この中で1♀しかつけてない♂に早期♀をつけると思います。
まだ悩んでいるのは13-16と黒王さん88.4同腹ライン。
この辺は来春までの宿題です。

多分、マツノ系ラインは13~19ラインやります。
その他のメルリン系が入るラインも含めると30ラインで抑えると思います。


今シーズンの補強で悔やまれるのは13-16の♂を補強しなかった点ですね。
大型補強の♂はいずれも11-8系という点は再来年も使える点では正解と思ってます。

カギを握るのは黒王さんのライン。
一番期待は13-5をつけるライン。


来シーズンの組み合わせは還元率の幻想に真っ向から立ち向かってみた構想を練ってます。
今でも還元率はあると思ってますが、最近は限定的かも知れ無いとも思ってます。
限定的な面とは、大きくなるラインは体重に差こそ出ても最終的には整ってくるということ。
還元率でどうこうしてくるラインは同腹で順調なヤツがいるか、いてもおかしくないと思ってます。
そういうラインは恐ろしいほどの修正力があるかもしれないと。

近年は最大体重及び最大値が出るラインに還元率が良いとされるラインやアベレージが良いとされるラインの
組み合わせが主流のように思える。
今出る最大値に還元率を加えた良いとこどり狙いといったところであろう。
問題点は様々な要素から良いとこどりだけを狙おうとすると多少不安定ではないかという点。

ではと、ベース分のみを上げてみようかというのが来シーズンの試み。
回帰するように見えますが、久留米は独自の進歩をした為に遅れをとったのかもしれないと思います。
今シーズンは高添加の菌糸のほうが良い結果が出てますがオアシスでも欲しい成果は出ました。
理想はオアシスで体重を乗せることですので。
巷で聞く体重を乗せすぎるのは良くないという意見は
体重が乗ってくるだけのラインが良くないという感じがします。
ブリードサイクル面については今シーズンで恐らく少しはつかめそうな感じがしてきました。

問題の組み合わせは
最大値が出てアベレージが高いライン×体重がとにかく乗り、最大こそ出ずとも小さいのが出ないライン。
個人的な言い回しでは
当たりライン×パワー系。
これで体重が乗りつつサイズが出るラインを狙いたい。
次に体重が乗りつつ長さの出るライン。
体重が乗っても太くはなりにくいライン×体重が乗りつつサイズが出るライン
を準備するのが課題ですね。


ちなみに面白くなると思うのは13-21×13-44の組み合わせ。
これは虫見る限りは不思議と外れる気が全くしない。
不発でない限りは……





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

虫蔵くんのマツノ系組合せ、興味深く拝見させていただきました。

僕もほぼ決まっていますが、13-12♀と13-37♀をどうするか?でまだ少し迷っています。


あと、

13-13は(11-8×11-5)なのですね。僕のところにgatch氏のところからやってきた(11-8×11-5)の配合の♀が2頭います。

13-13とは種親が違うので、なんとも言えないところもありますが、gatch氏のところでは、♂親79mmから85UPが2頭出ている組合せですので、この(11-8×11-5)の組合せも僕は期待しています。



>mindさん

こんばんは。

mindさんのところですと13-12♀の組み合わせは興味深いですね。


13-13については書き間違えました。
正しくは11-5×11-8でした。
確認をとりましたが13-15と同じです。
失礼しました。

13-19と13-41はやはり血統背景は異なるようです。
前回書いた
13-19(11-16×11-8)
13-41(11-30×11-8)
であっているようです。

11-8×11-5は多分マツノさんのところでは上手くいってないはずですね。
86につけようとしてやられちゃったという大きい♀が11-5と思いますので。
あの年に56mm以上出ていてマツノさんが大きいと言わしめたラインは11-5で
案の定、主力として主要ラインに組み合わせてますね

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。