スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備増強

DSCN1850.jpg

新たな設備増強をしました。
今回のテーマは温度ではなく湿度ですね。

加湿の能力向上ということで、加湿器の導入です。
画像右のが加湿器になります。

導入経緯は乾燥対策ですが、死活問題にもなりえますので。
換気扇導入後、湿度が外気に影響されやすくなりましたが
この影響は1400PPで目立っています。
理屈の上ではボトル開口部をタイペストで覆ってしまうので、水分の流出は無いはずですが
明らかに今年はパサつきが見られました。
理屈上、漏れないはずですが、漏れる以上は開口部をまず疑います。
タイペストを蓋で抑える際にボトルとタイペストにクリアランスが生じているとしか思えない。
タイペスト表面に水滴が内側だけでなく外側にもつくこともある以上は水分が逃げてますね。
水分が逃げやすいことに加え1400PPは底面積が広く寸胴で背が低く開口部まで広くなっている形状が
どうしても乾燥しやすいと思えますね。
乾燥し始めると、ハチミツビンと比べどうしても背が低いので幼虫のスペースに影響が出やすいと感じます。

1400PPは既製品の要である以上は対策を打ちたいと。
ただし、蓋の穴を二次加工するのはやりたくない。

水分が逃げるということは水分も多いところから少ないところへ移動しているはず。
この場合は低湿度のブリードルームへ逃げている。
そして、換気システムの排気口から外気へサヨウナラして、吸気口から乾燥した空気を外気から導入。

ならば、乾期は部屋の湿度とボトル内部の湿度を1:1にしてみたらどうであろうかと。


以上が加湿器の導入経緯です。
方向的には湿度を低くしたくないですが、あまり高くもしたくない。
そこで、今まで足りない加湿能力で頑張っていた空気清浄機に除湿してもらいます。
加湿器メインに除湿器が追従してくれるイメージで。
除湿器を回さないと、雨の日は過湿になりえるかもしれないですし。


菌糸のパサつきを抑えられれば、2本目のみならず
3本目もただの羽化ビンにはならないはず。

理屈上はいけるはずですが、まだ試験段階。
まだ時間はありますので、どうにか使い物になるくらいにはしたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

湿度50%前後の設定でしょうか。
おんどとりには湿度データを記録出来る
タイプがあります。
ただ湿度センサーは1年で交換となりますが^_^;

湿度の安定化がどの程度可能か?
ブログ報告楽しみにしております。^ ^

こんにちは。

スーパー設備増設ですね♪
結果が楽しみです!
うちも乾燥対策が必要になりそうですσ( ̄∇ ̄;)

>チョネさん

45~55%を狙う方向です。
湿度も最高最低温度・湿度計の記録を
毎日チェックシートでとろうかとも考えてます。

湿度も温度同様に設備能力的に余力さえあれば
調整次第で安定化は出来ると思ってます。

乾期の加湿をクリアし、これが2本目の成功に繋がれば
残りは梅雨以降の除湿の能力だけです。

>田舎っぺさん

14年ブリードでは結果には表れないと思いますが、実用にこぎついて
15年ブリードの2本目でオガの乾燥を防げれば、とりあえずは成功です。

乾燥対策は、他にも容器の見直しもあると思いますが
非常にめんどくさいので辞めました。
多分オアシス仕様の蓋のハチミツビンを使えば良いのですが
詰めるのがネックで……
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。