スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ最低温度

設備増強はまだします。
まだ時期的には全然早いのですが
選定条件に見合ったカタログスペックのものが在庫があるうちに発注をかけました。


さてブリードルームは、いよいよ最低温度へ。
もうこれで温度設定は下げれません。
今年の感じですと18℃後半~19℃台後半くらいになりそうです。
この温度帯で1ヶ月間行きます。

ちなみに今年はキノコが生えずらいですね。
変えたことは温度変更のタイミングくらいです。
菌糸には良いと思うタイミングの温度変更ですが
幼虫の成長を考えるとあまり好きではないタイミングですね。
温度を下げるのなら何かアクションを起こしたいというのも加湿器導入の理由だったりします。

肝心の新兵器、加湿器は使用上の問題は無いですね。
大容量タンクで正解です。
ウチみたいな24時間作った空気を捨てて、新たに乾いた空気を入れる換気システムの場合なら
大容量タンクでないと1日も持ちません。
性能自体もカタログスペック上は部屋に対してオーバースペックですので
弱運転で十分に加湿してくれますね。


話題を変えます。
DSCN1853.jpg

これは22番。
22番は2本目交換後の管理表では3頭しかいないのですが、これは4頭目に5頭目。
決して偽装ではありません。
からくりは割り出しカスから取りこぼし追加。
6月割り出しで11月近くまで放置っていう……
恐ろしいことに5ヶ月近く経過しても2齢。
そして、もっと恐ろしいことにオアシスMSに入れて
26℃設定の冷し虫家に突っ込んどいたら、まさかの早期羽化軌道。

マツノさんも遅採りの2齢以降は菌糸投入すると成長が早いと仰ってましたし
僕自身、3月下旬採集の3齢初期が6月中旬に羽化するのを目の当たりにしてます。

ちなみにサイズは小さいと思われます。
左のボトルのほうがまだマシという感じですが、それでも45mmいくの?って感じです。
それでも、22番なら種♀で使います。
このラインは最重要ラインの一つですので。
つける相手も決めてます。

時期的には少し冒険ですが、幼虫さえ採れてしまえば……と思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

>設備増強はまだします

お~、まだいきますか・・・

次は、どんな設備が増強されるのか楽しみにしています。

ちなみに、僕も来週、地味に設備を補強します。

>mindさん

今度の設備投資の価値は未知数ですが
上手く制御できるのであれば
無いよりはあった方が良いかもしれないと思ってます。

mindさんの設備補強も楽しみにしてます。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。