スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題その3

現在の飼育課題であるダニ対策も問題発生中です。

一応、ダニは激減というか一定期間的に見える分にはほぼ殲滅できます。
しかし現状、手間と金がかかってしょうがない状態。

マットの劣化を判断してコマ目にマットを交換してますが
正直、かなり多頻度です。早いと1週間。

その度に
「劣化したマットをゴミ袋に捨てて、新しいマットとダニ退散を
規定量投入し攪拌、適度な水分を与える」
という作業を何ケースもやってると飽きも来るし
本来使う必要なんてないダニ退散を常備できるほど買わなきゃならないし
まったくもって割に合わない。

幼虫が金を食い、成虫は場所を食うというクワガタ飼育の根本を覆す
成虫の金食いぶり。

まあ、良い考えが浮かぶまでは
これが一番、ダニには効果があるような気がするので引き続き継続。


昔みたいに、ミニプラケでやればダニは沸かないだろうけど
そうすると今度はダニ以上にうざいショウジョウバエが沸くし。

マット飼育を極力減らし、危険なら全交換でコバエを対処した。
コバエシャッター、スタックでショウジョウバエに対処した。
しかしダニには対策マット、ダニ退散、その他ダニ対策用品をもってしても
マットが劣化すれば無意味と化す。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。