スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーツを遡る

14-25背景

自己ブリ14-25を用いて血統背景を戻れるだけ戻ってみました。
もしかしたら間違ってる箇所があるかもです。
何故14-25かというと、一番戻りやすかったからです。

こうやって見ると、濃くなった血が薄まっているように見えます。

僕のところでは14-25とほとんど同じ背景のラインで14-13というのがあります。
14-13はMK11-10の84.0mmと自己ブリ12-4の52.0mmの組み合わせで
背景的にはマツノ11-1の血の有無。
また背景的にも種親として使用したMK11-10にしても自己ブリ12-4にしても別個体で♂♀逆の組み合わせ。

14-25と14-13の両方が成果を出せたら、この濃くなる組み合わせもアリかなと思ってます。


マツノ久留米に力を入れてますが
こういう久留米の総結集のようなラインが当たるとロマンがあります。

肝心の経過としては
たびたび書いてますが、14-25は38.0gというのがビン底居座り。
14-25で他に期待できるのはKSP1組の35.2g(その他は33g2頭に32g1頭)
14-13は37.0g筆頭にKSP1組に35.4g(その他は33g1頭、32g4頭、31g2頭、30g1頭)


大きい幼虫が羽化できなくても、兄弟で無事に羽化出来るのがいれば
還元率はまあまあ、良いんじゃないかと予想してます。
絡めたマツノ久留米は10-9に11-1ですので顎は伸びるはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

素晴らしい9世代18年ですか。
遡りましたね。^ ^
こういった久留米血統背景に惹かれたのかもしれません。

一つ気が付いた点が。
メルリンさんHPによると♂82.5mmは♂77.5mm♀50.5mmから自己ブリード最大体長のオスです。
とありますね。
自己ブリードだとすれば違うようにも感じますが。
もちろん確認はすぐにとれます。^ ^

>チョネさん

実は先日、ちゅうひさんにP7750についてご教授いただきました。

僕がそうだったのですが
メルリン血統はフォレスターさんのところから行ってるというのは有名ですが
意外とどういった入り方をしているかというのは知られていないと思いまして。

P7750はフォレスターさんのところで誕生したラインです。
2005年あたりのメルリンさんの日記でも触れられてますが
P7750はフォレスターさんがペアリング・産卵して
そこからメルリンさんのところへ幼虫が行ったとされています。

P7750の成績は
大元、フォレスターさんのところで82.0、81.5、80.0、78.0。
メルリンさんへ行った幼虫の♂成績が82.5、79.5となります。
このあたりはメルリンさんの日記とBE-KUWA36号の
フォレスターさんの記事の表を読んでもたどり着けないのが厄介でした。







こんばんは

なるほど。
そういう事でしたか。
日記にもありましたか。
私も入り方を知りませんでした。
ありがとうございます。

>チョネさん

当時の経緯を知る方が少なくなってますが
久留米自体の盛り上がりは今もなお続いてますので
久留米血統のルーツは残さないといけないことだと思います。

ちなみに僕はマツノさんが採集した瞬間からの経緯まで遡れたら完璧と思ってます。

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。