スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所散策

DSCN0102[1]

近所の花見へ。

まだソメイヨシノはさっぱりだった。
枝垂桜のみ。

画像の桜は入口。

道中。
DSCN0098[1]
クワガタの気配は全くない。
朽ちてる木もコクワ以外見つけられる気がしない(もしかしたらスジクワがいるかもしれない)
学生時代から頑張ってみたが、地元はクワガタ不毛の土地。
山に入るよりも古い小学校のご神木的な柳でヒラタが採れるイメージでした。
土地の整理が入る前は農地&湿地帯で、その頃(15年以上前)はご神木付き以外のヒラタも見れたかもしれない。
40年位前は普通種の個体数も多かったようだ。

DSCN0086[1]
登りきると仁王像。
清水の仁王像といえば、大内の観音様。
昔はこの門の周囲の乾いた砂にアリジゴクがたくさんいた。
アリジゴクを見れば子供のやることは決まってます……

DSCN0089[1]
鐘の櫓。
鐘を見れば子供のやることは決まってます……

DSCN0093[1]
振り返ると清水一帯が見下ろせます。
入口から大体100mくらい上った感じです。

さらに頑張って上を目指すと一本松公園(標高300mくらい)
昔は1本の大きい松があって、それが港に入る船の目印になってたらしい。
今では地元の小学2~3年生の遠足のポイントだ。
夜勤明けなので今日は頑張らない(この後、繁華街で酒飲むくらいの体力の余裕しかなかった)


桜はまだであったが、カナヘビや多くの春を感じさせる昆虫を観察することができた。
お金が無いけど、家にいてもろくなことが無いのでたまには散歩してみました。
自宅の近所は画一的な新興住宅地で年々雰囲気がガラッと変わってますが
子供の頃に遊び場として活用していた周辺地はところどころ変わながらも面影が残っている様子でした。



ブリード関係は特無しです。
今年は昇温後の動きが早く、低い温度帯でも動き出してました。
現在MAX温度(25~6℃)ですが、既に35g以上の個体も蛹室を作り始めてます。
今年は蛹室をある程度作成したところで温度(24℃付近まで)を下げようと思ってますが
4月頭くらいに下げようかと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。