スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみなブリードも佳境へ

16番39.6gと13番37.0gが蛹室を作ってくれそうです。
ひと暴れしましたが、元からこのクラスはそのまま羽化させられる気がしないので……
もちろん全く暴れず蛹室を作ってくれた方が期待しますが。

蛹室作成温度は25~26℃。
今年は非常に蛹室作成のかかりが良い感じがします。
今でも25℃未満でも良かったのではないかと思ってます。

今年は蛹室を作成したら温度を24℃に下げます。
昨年はMAX温度到達後27℃固定でしたので大幅の変更です。
一昨年の26℃前後で改善点があるように感じ、昨年の失敗ですので
今年は昨年の反省と昨年成果を出されたブリーダーさんの意見に基づいて最後のステージを見てみます。

肝心の下げるタイミングを今は見定める段階です。
主力組が蛹室が完成してからか。
それともシワが入り始めてからか。


さて話題を大きく変えます。

全く人に頼らず自力でポイント調べて採集した自己血統ならまだしも
他人のフンドシで虫やるなら、為すことやることがどのような影響を与えるか考えて
ブリードを楽しむのが当たり前では無いのでしょうか。

「雑誌に投稿した」という錦の御旗もずいぶんとグレー色です。
もはや、他の出版社の雑誌にも投稿して真意を正し
里子引き取り先から再回収してでも、全個体の確認をとる必要がありますね。
あやふやなことをやればやるほど、余計に悪い噂に尾ひれがついて
都合の良い解釈をされてしまうものです。

マジメにやってるブリーダーからするとあまりに見てられない。

あの個体を知った時にワクワクした。
その時の温度差があまりに大きすぎる。
何故、このような事態で「楽しんでブリード云々」と言えるのだろうか。
人をダマす為に楽しんでブリードなんてしてはいけない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

主力組みのタイミングもズレるので
温度を下げるタイミングは難しいですよね^^;
うちはとりあえず4月に入ったら温度を下げてみようと考えています。

例の件は ズルズル長引けば長引くほど グレーが濃くなってしまいますね^^;
まずは居るのか居ないのかをはっきり示せば片付くような気がしますが・・・
やはり居ないのかな・・・^^;

>田舎っぺさん

ウチは本命が早いうえ、ある程度まとまってますので
温度を下げる大体の時期は決めてます。
後は様子を見ながらです。

ドヤ顔でアップできるはずなのですけどね。
BE-KUWAも他誌に掲載した虫の再掲載について随分と緩和されて
オオクワ、ヘラクレスのギネス更新ならば再掲載は間違いないですし。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。