スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題はビン底

25番38.0gにシワが入ってきた。
しかし、ビン底。
先日ひっくり返したが結局、頭が下側になってしまった。
諦めてビンを逆さまから元に戻しました。
今年は掘りません。

数は少ないですがビン底蛹室は出てきますね。
交換後にビン底に居座ってしまった個体が
そのままビン底に蛹室を作るケースが多いです。
中には大暴れした後に底を選ぶこともありますが、そういのは期待しないので……

15年ブリードは、交換後にビン底に居座らない方法を模索します。
2本目にしてもビン底で一回落ち着くと、あまり伸びてない印象ですし。
ちょっとオアシスはビン底に居座りやすい気がしますので15年の改善点になります。

15年ブリードの目標は3本目交換時に35g以上50~60頭以上、37g以上10頭。
540頭スタートですので♂は250頭未満になると思います。
35gオーバー率25%が求められます。
達成するには
・オアシスは引き続き1本目で体重を乗せ、2本目以降のビン底対策
・HS、KSP2といったPP1400菌糸ボトルは乾燥対策
が必要不可欠と思ってます。
ラインの当たりも必要ですが、全体的な底上げで35g超えを増やさないと。

体重を乗せることに関しては文句なしの布陣ですので
後は上手くやるだけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

うちの改善点は2本目でどう伸ばすか・・・
昨年は冒険心が少し強すぎた上
菌糸の特徴を掴めていなかったことが重なってしまい
後半の失速が響きました・・・
2015年はその点も意識しながら飼育したいと思います(笑)
最後の温度は・・・運任せ(笑)

>田舎っぺさん

体重を増やす場合は失敗したと思った要素を改善しないと
絶対に増えてこないですね。
大きくするパターンはあるはずです。

蛹室を作り始めるタイミングは読めないですね。
これが読めるようになるともの凄くやりやすくなりますが。
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。