スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本土ヒラタ ほぼ羽化完了

地元、安倍川流域産の本土ヒラタがほとんど出そろった。
とはいってもまだ全然固まってないので、正確なサイズは出せてない。
最大は67にギリギリ届くかな程度ですが固まり待ちですね。

安倍川産は種親にF1インラインを1つとそれぞれ別区画の柳林で採集した3♀を用い
合計4ラインやったが、採集品からの1ラインが64mm以上がわりかし出たラインとなった。

1本返しであるが、1100ボトルの半分ほどしか食べないので餌の量は不足してないように思う。
70mmを出したいが、あれだけしか食べないことを考えると難しい。
エサ慣れで菌糸をもっと食ってくれることに期待したい。
70mm出したいので来年やります。


さて、オオクワですが山梨用の1本目菌糸が届きました。
オオクワも大型血統慣れしてしまいますと、普通のオオクワとの食いの差に驚きますね。
1本目なら久留米の♀のほうが普通の産地物よりも早く食い上げるんじゃないかな。
少なくとも昔やった山梨や佐賀、最近やった山梨なんかではそう感じる。
ただ久留米は安定して食いが早いというよりも、3ヶ月とかある程度たったところで爆発的に食い上げる感じがしますので
産地物も待てば食い上げるのかな~と。


昨年まではブリードはしてませんが外国産の生き残りが♀単で幾つかいましたが
今年に入っていよいよ久留米以外は山梨と本土ヒラタだけになりました。
数でいえば2014年は久留米450頭の本土ヒラタ60頭+αで
2015年が久留米540頭予定の山梨50頭予定ですので、外国産やってた頃と比べて遜色ないどころか多いくらいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

総数600かぁ~凄いっていうの通り越してます。

自分は身の程をわきまえないといけないなと思い150という数字が管理上最もやりやすいと答えを出しました。もちろん久留米以外の外産は別ですが。

そう言えば採集したヒラタも結構いたような・・・・(笑)

>masaさん

実際に本腰入れるのは♂と早期♀ですから半分もいません。
後は交換が遅れようが、暴れても気に留めません。
むしろ良いラインなら♀は何もないはずです。

150頭という数字は他の種もそれなりにやりたい場合の数字のような感じがしますね。

僕個人の見解では♂だけで300超えたら大変だと思います。
菌糸の納入やビン洗いorボトル処理といったメンドウな作業はさておいて
交換作業だけでも大変。
一日に何頭交換して、それを何日やるのか?とかもありますが
それでけ♂がいるということは♀はいくつになるのかとか(笑)
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。