FC2ブログ

久々更新。問題その1

3月に常温から25℃管理へと切り替え無事に越冬明けしてくれた・・・
餌の食いも♂♀ともに良かった・・・

しかしペアリングであんな悲劇が待っていようとは。

同居5日目に♀の腹部がごっそり持ってかれていました。

相性はそんなに悪そうではなく、ただでさえ大人しいオオクワ。
しかも、今まで一回もペアリングで殺し合いなんてしなかったのにも関わらず。

今までの中で最上のオオクワペアが崩壊しました・・・
♀51mmオーバーだったのに・・・


しかしこんなところでブリードに穴を空ける訳にはいかず
やりやがった81mm♂に同系統の47mm♀を宛てがりました。

やけくそ気味なのか馬鹿なのか♀殺しの対処は隠れ家用の木切れを投入したのみで。

まあ、それでも何とかというか上手いことというかで同居期間を過ごしてくれました。


そんなで4月1日に産卵セットを組んで今に至ります。

ブリード計画ではメルリン系統2♀、マツノ1♀の久留米3♀体制で
余裕の幼虫確保のはずだったのに・・・
2♀では失敗が許されないではないか・・・

Mk血統の体制変更

昨年の夏に購入し、今期の種親である久留米産の♂の符節が飛んでしまいました。

符節切れしたのは76mmの♂。
秋口に符節がマヒって、冬眠前に確認したときには切れてたの。

DSCN9572.JPG

交尾には影響ないだろうけど
同系統の81mmの♂がいるし、76mmは廃嫡?にして
81mm♂×2♀(51mm、47mm)体制でいくことにします。

飼育記も2つに分けた福岡県久留米Mk血統を1つにまとめることにします。



しっかし、羽化した年の越冬前に符節が飛ぶなんてなあ……
現在、Mk血統は常温にて越冬中ですが
もう何も起こらないで活動開始してほしいです。

来年の大本命2

81×51ペアの数日前に同じお店で購入した
同血統の久留米産です。

81mmが凄くて、若干霞みますが♂は76mm。

DSCN9428.JPG

今年羽化した阿古谷と比べると、大顎が長くて
頭部、尻も伸びて体長を稼ぐにはうってこいな感じ。

♀は47mmあります。

DSCN9432.JPG

ちなみに、このペアは定価で購入した為
81mmペアよりも実は高い(どのくらい高いかは……


来年のブリードは80mmを目指し
久留米産2ペアで挑戦します(まずは子を採らないとならないし



2011年ブリードの大本命

イベントの景品で手に入れました。

久留米産の81mmペア。
メルリン1番血統の累代品。

DSCN9434.JPG

♀も51mmあり、大きい。

DSCN9439.JPG

店頭の相場は定価で12万。
ネットでも結構な価格。
しかし、イベントだったのでだいぶお安く手に入りました。

新成虫なので、(6月羽化って言ってたかな
来年まで使えませんが
しっかり寝かせてブリードに取り掛かる予定です。

もの凄い親虫が手にする事ができ
来年のブリードが今から待ち遠しい。

とりあえず目標は「目指せ80mm」


カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

庚午 虫蔵

Author:庚午 虫蔵
久留米専。
自称
「最後のクワガタ狂世代」
の足掻きです。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
新着記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR